半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年11月10日

消費社会白書2023
感情社会の生活イノベーション

巻頭言

感情社会の生活イノベーションーマーケティングが歴史をつくる
発行:2022年11月
定価:11,000円(税込)

 現代社会とは、人々が過剰で複雑なデジタル社会を乗り切るために、理性よりも早い意志決定をするための感情社会です。感情は早い判断をもたらしますが、現実以上に将来を悲観視することもあります。江戸から明治へ、戦中から戦後、成長から成熟、成熟から衰退などの大きな歴史の転換期にみられる、昭和的なものの破壊と新しい時代の「夜明け」が交錯します。従って、一寸先は闇の世界です。見通しのない将来です。

 一方、先は見えなくても暮らしは続き、生活イノベーションが起こっています。値上げ、コロナ禍、マウンティング消費、値引き競争などに対応して、こころと宅内での生活はインナーレジャー化が進んでいます。これまでの一汁三菜では捉えられないほど様々に工夫される内食、新しい家電、急激に普及した動画配信サービスなどが連鎖し、新しい価値を持つ生活イノベーションが起こっています。

 「創造立国の時代」ととらえてみました。消費者が求めるものは、価値の創造と増加です。企業が果たすべき時代使命は価値創造であり、暮らし方なのです。価値増加には、マーケティング革新を通じた企業革新が必要であり、目指すべきは価値成長企業です。価値提供ができれば、収益性は結果としてついてきます。マーケティングで新しい時代づくりにのぞみましょう。

2022年11月
代表取締役社長  松田 久一




消費社会白書2023 構成

感情社会の生活イノベーション

第1章 進む階層化、拡がる保守の空気
  1. 【1】台頭する「感情保守」
  2. 【2】拡がる階層格差と分断社会の到来
  3. 【3】階層化が強める「感情保守」
  4. 【4】「感情保守」を主導する上流クラスター
  5. 【5】今後の価値観の行方

第2章 世代で異なる仕事と交際ネットワーク
  1. 【1】世代で変わる仕事
  2. 【2】コロナ禍で狭小化する交際ネットワーク

第3章 階層化が主導する消費回復と値上げリスク
  1. 【1】回復途上にある消費
  2. 【2】階層化がもたらす消費の変化
  3. 【3】値上げによる消費減退の可能性

第4章 食生活の充実へ高まる期待と食卓のいま
  1. 【1】内食中心が続く夕食
  2. 【2】価値観に影響される内食
  3. 【3】調理スキルで異なる夕食スタイル
  4. 【4】食の経済効率化

第5章 負担軽減に向けて模索される家事スタイル
  1. 【1】女性既婚層が中心の家事
  2. 【2】3つの家事意識と家事の「シン・家電」化
  3. 【3】家事の分担と外部化

第6章 拡がる余暇のソロ化と「インナーレジャー」
  1. 【1】余暇の拡がり
  2. 【2】主流となった1人で過ごす余暇
  3. 【3】存在感を高める「インナーレジャー」

第7章 感情に支配されるブランド選択
  1. 【1】強いブランド意識
  2. 【2】注目カテゴリーのブランド認知
  3. 【3】注目カテゴリーの共通認知課題
  4. 【4】購入への集約プロセス
  5. 【5】購入による保有効果
  6. 【6】3カテゴリーにみる感情によるブランド選択

第8章 収入格差が生むチャネルのすみ分けと新チャネル期待
  1. 【1】変わるチャネル選択
  2. 【2】チャネル選択の背後にある買物意識
  3. 【3】チャネルへの期待

補遺
  1. 【1】調査設計
  2. 【2】対象者プロフィール
  3. 【3】世代区分
  4. 【4】食品チャネルへの期待の因子分析結果
  5. 図表索引

価格・プレミアム会員年会費セット割引

「J-marketing プレミアム会員サービス」とのセット割引もご用意しています。


●「消費社会白書2023」+プレミアム会員(個人)年会費セット
  「消費社会白書2023 (11,000円)」
    +J-marketing.netプレミアム会員(個人)年会費(10,000円)
  合計 21,000円 → 合計 15,000円(セット割引 6,000円OFF)でご提供

※セット割引は個人でお申込みの方に限らせていただきます。
※プレミアム会員登録手続き完了まで1~2営業日程度頂戴する場合がございます。
※既に個人プレミアム会員に登録済みの方も、一律上記セット価格にてご継続手続きを承ります。
※プレミアム会員サービスについてはこちらをご覧ください。

ご購入

※「消費社会白書2023」はPDF版でのご提供となります。予めご了承下さい。
※お申込完了後1~2営業日程度でダウンロードURL(または動画視聴URL)をお知らせいたします。
※書籍版の在庫も若干数ございますが、ご希望の場合は別途お問い合わせ下さい。



>>JMR生活総合研究所の書籍一覧

>>消費社会白書 バックナンバーはこちら

新着記事

2023.11.30

月例消費レポート 2023年11月号 消費は足踏み状態が長引きつつある-年末・年始の活況を契機としたマインド改善が消費復調への足がかりに

2023.11.30

23年10月の「ファーストフード売上高」は32ヶ月連続のプラスに

2023.11.30

23年10月の「ファミリーレストラン売上高」は20ヶ月連続プラス

2023.11.29

企業活動分析 日産自動車株式会社 23年3月期決算は円安追い風で増収増益に

2023.11.28

消費からみた景気指標 23年9月は9項目がプラスに

2023.11.27

23年10月の「全国百貨店売上高」は20ヶ月連続のプラス、インバウンドや高額商品好調

2023.11.27

23年10月の「チェーンストア売上高」は既存店で8ヶ月連続のプラス、食料品が好調

2023.11.27

23年10月の「コンビニエンスストア売上高」は20ヶ月連続のプラス、好天や行楽需要で食品好調

2023.11.24

成長市場を探せ 「巣ごもり」後も割安感で堅調な家庭用冷凍食品(2023年)

2023.11.22

トヨタ自動車株式会社 23年3月期は販売台数伸び増収も、資材高騰で減益に

週間アクセスランキング

1位 2023.11.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 食卓に浸透する市販の惣菜 4割弱が週1回以上惣菜を購入

2位 2022.03.11

女性が生み出す6.9兆円の市場―アフタヌーンティーは都心高級ホテルを救えるのか 第1回

3位 2008.07.24

戦略ケース カルフールは何故失敗したのか?

4位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

5位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area