日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


A4版 本文68ページ
価格 本体934円+税
 最悪期を脱し緩やかながら回復の足取りを見せていた日本経済にも、先行きに対する下振れリスクが、高まりつつあります。 前の麻生内閣の置き土産でもある景気対策の効果も持続的には乏しく、長くても今年度一杯まででほぼ出尽くしとなりそうです。2009年後半以降、内外需の見通しは安定感を欠いており、消費の本格回復へのシナリオがみえない状況です。

 2010年度の日本経済の見通しについては、外需は堅調だが投資と消費は失速し景気の低迷が続く、というのが主流のシナリオとなっております。先行き不安から企業の設備投資は更に抑制される可能性が高く、相変わらず続く雇用・収入の環境の悪さが消費の頭を押さえている状況です。残る頼みの綱の輸出も、財務相の円高「容認」発言騒動で88円台前半まで円が急騰したことで回復シナリオに暗雲が立ち込めています。 この冬のボーナスは大幅減が予想されており、収入低下とマインド悪化の両面で消費萎縮の引き金となるおそれがあります。90円を切る円高の状況が長引けば企業業績の悪化は進み、ボーナスの更なる減額に止まらず、雇用削減へと波及する危険性も孕んでいます。経済財政運営でもたつきと不手際を露呈させている鳩山新政権の政策対応は、今後の景気に対する最大のリスクとなりかねません。景気底割れの危機が現実味を帯びる中で、消費をとりまく環境は、ますます厳しいものとなりつつあります。

 今号の概要は以下のとおりです。 「Economic Outlook for Japan」では、前号が発刊された2009年4月以降の経済情勢を整理し、二番底の危機に直面する日本経済の見通しと今後の消費の読み方を提示します。 「消費者から見る経済政策の有効性と限界」では、麻生内閣の下で進められた経済対策のうち、「省エネ家電へのエコポイント」「エコカー減税」「エコカー補助金」などの耐久財需要を直接刺激する対策は、消費者の支持も高いことが、弊社による調査結果からも確認されます。強い需要喚起効果を実現するには、財政政策の効果が出やすい層を見極めて耐久財需要を直接刺激する、ミクロとマクロのバランスを保った経済政策が重要となります。 「不況下における価格・品質政策-成否の鍵を握る弾力性」では、消費者調査のデータから価格変化がもたらす売上へのインパクトを計測する方法を紹介し、計測結果を踏まえて不況下での生き残りと収益改善に資する価格・品質政策のオプションを提案します。

 2009年秋、日本経済の底流で生起しつつある変化の予兆を捉えて、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、「消費経済レビュー」第12号を実務家のみなさまにお届けいたします。

「消費経済レビュー」販売開始について

「消費経済レビュー Vol.12 2009年10月号」の販売を開始いたしました。
書籍のお求めは、全国の政府刊行物サービスセンターもしくは、当社サイトの「JMR Books」をご利用ください。
プレミアム会員にご登録の方は、フリーダウンロードにて全文をご覧下さい。


消費経済レビュー Vol.12 2009年10月

Economic Outlook for Japan
 【要旨】
1.日本の経済の現状
2.2009年度の経済と消費の見通し
3.消費者における経済認識とその見通し
4.消費者における支出の動向
5.2009年度 日本経済のシナリオの分岐点


消費者から見る経済政策の有効性と限界
 【要旨】
1.逆風下で進められた経済政策論議
2.経済対策に向ける消費者のまなざし
3.経済政策論議のタテマエと消費者のホンネ
4.結語


不況下における価格・品質政策-成否の鍵を握る弾力性
 【要旨】
1.はじめに
2.野菜ジュースの購買行動
3.弾力性による価格変更インパクトの分析-手法と分析結果の紹介
4.価格・品質政策の最適ミックスの構築に向けて
5.結語


マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.