日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
株式会社ツルハホールディングス(2015年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2015年5月期決算の総括
ツルハホールディングスの2015年5月期の連結決算は、売上高4,404億円(前年同期比13.4%増)、営業利益270億円(同11.6%増)であった。前年度に引き続き高付加価値商品のカウンセリングを主体とした接客サービスの徹底、PBブランド「M's one」の積極的な展開を行ったほか、新たに食品の導入により利便性の強化を図るための既存店舗の改装、折り込みチラシに代わる新たな販促手法の拡充などを行った。2015年2月には業務提携先であるローソンとの共同展開1号店として、『ローソンツルハドラッグ仙台五橋店』を開店した。また、四国・山陽地区への店舗網構築を図るべくレデイ薬局およびフジとの資本業務提携を締結し、レデイ薬局を子会社とした。店舗展開状況をみると、ドミナント戦略及び既存店舗のスクラップ&ビルドを推進したことで100店舗の新規出店、34店舗の閉店を実施した。2016年5月期は引き続きドミナント戦略を推進すると共に、M&Aを含めた新規地域、繁華街立地への拡大を図るほか、利便性の向上を目的とした食品部門の拡充、有能な人材の確保と接客レベルの向上、販管費削減を目指しての業務効率・収益性の向上、PB商品のブランド強化、調剤事業の強化、タイ国での出店強化などに取り組む。

【最新版 271kb・2016.02.10 更新】
ツルハホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年 15年
戦略200+・企業活動分析「ツルハホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.