半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第51号
地域食の魅力再発見



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第51号は、
  1. オリジナル調査結果 地域食の魅力再発見
  2. 業界クリップ - 2014年3-4月の動向
の2部構成でお届けします。

1.オリジナル調査結果より「8割超がご当地グルメを知っている」(本文抜粋)
レポートイメージ

 近年B-1グランプリや小売店での地域物産展などでご当地グルメが注目を集めている。今回は、B-1グランプリに登場し、特に人気を博したご当地グルメを任意に挙げ、浸透状況及び今後の拡大可能性について調べた。
 各ご当地グルメの認知、食事経験、一年以内食事経験を見ると、すべての項目で富士宮焼きそばが首位を獲得している。



* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 8割超がご当地グルメを知っている
  2. ご当地グルメは現地で食べたい
  3. 年齢層の若い世代で食事経験・食事意向が強い
  4. 若い世代向けに商機

* 業界クリップ2014年3-4月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【増税後も力強い消費】
  2. 売れている食品・メニュー  【「東京チカラめし」の売却】
  3. 東京市場          【都内にカフェチェーンの次世代店舗】
  4. 地産地消          【「クックパッド」に自治体の公式ページ】
  5. 食品企業の経営       【パート・アルバイト不足】
  6. 製品開発          【製薬企業がコーヒーを発売】
  7. 価格政策          【「かっぱ寿司」のメニュー高級化】
  8. プロモーション       【字幕付きTVCMの登場】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【流通大手2強の決算】
  10. ヘッドラインクリップ


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.