半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.02)
消費者調査 保温性インナー(2010年2月版)
王者ユニクロ 
温暖化の日本で強いヒートテック
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 温暖化が騒がれている今日、冬は以前よりも温かくなっていると言われている。その一方で、冷え性を自認する人が増えている。以前は、女性が冷え性対策のインナーアイテムは、いわゆる「ババシャツ」と呼ばれるものが主流であった。しかし、2003年にユニクロが「ヒートテック」を販売して以来、保温性インナーにブームに火をつけ、大手スーパーもこぞって参入し、熱い戦いを繰り広げている。
 そこで、今回は当社が任意に選んだ保温性インナー15ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」購入経験者の今後の購入意向の指標である「再購入意向」のトップは、全てユニクロの「ヒートテック」が制する結果となり、特に2位との差は、認知率は36ポイント、購入経験率は27ポイント引き離しており、王者の風格が漂う結果となった。
 追随するブランドの再購入意向は、60ポイント以上を獲得しているグンゼの「ホットマジック」、イトーヨーカドーの「パワーウォーム」があるが、2009年~2010年冬の「ヒートテック」の販売目標5,000万枚に対し、「ホットマジック」が300万枚、「パワーウォーム」が250万枚と、その差は3~4倍に開いており、この市場はユニクロ中心で動いてるといわざるをえない。
 ユニクロの「ヒートテック」は、第21回(2008年)小学館DIMEトレンド大賞の生活・健康部門」で金賞を受賞し、また、2008年度には年間で約2,800万枚を販売している。更には保温性インナーのことを「ヒートテック」と一部では呼ぶようになるなど、普通名称化する勢いである。追随する他社にとって王者ユニクロは、とてつもない壁になっている。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示15ブランド】
  • ABCマート ヒートブレス
  • イオントップバリュ ヒートファクト
  • イトーヨーカドー パワーウォーム
  • グンゼ ホットマジック
  • ジーンズメイト HEAT PROTECT
    (ヒートプロテクト)
  • しまむら ファイバーヒート
  • 西友 エコヒート
  • セシール スマートヒート
  • トリンプ マジ軽ホット
  • 無印良品 ぬくもりインナー
  • ユニー ヒートオン
  • ユニクロ ヒートテック
  • ワコール スゴ衣
  • ワコール 発熱プラス
  • ワコール ゆくリラ ふんわりサーモ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年2月9日~2月12日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,045サンプル
サンプル構成(%)

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

新着記事

2024.04.24

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

2024.04.24

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

2024.04.23

24年2月の「旅行業者取扱高」は19年比で78%に

2024.04.23

24年2月の「広告売上高」は、3ヶ月連続のマイナス

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

週間アクセスランキング

1位 2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area