半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.03)
消費者調査 No90.ビール(2010年3月版)
揺るがない上位老舗ビールブランド
上位を切り崩すのはプレミアムビールか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 ビール系の飲料として「ビール」「発泡酒」に「新ジャンル」が加わったのが2004年のことである。この3分類の中で各社競争を繰り広げる中、ビールのシェアは年々低下しするという苦しい状況となっています。
 そこで、今回は当社が任意に選んだビール31ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」は、「アサヒスーパードライ」「キリンラガービール」「キリン一番搾り生ビール」がトップ3にランクインしており、2008年の調査と同様の結果となっている(No.73 ビール系飲料(2008年版))。
 しかし、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」は、トップから9位までが10ポイント差にひしめく激戦となったが、いわゆるプレミアムビールの代表格であるサントリー の「ザ・プレミアム・モルツ」がトップとなった。プレミアムビールと呼ばれるジャンルでは、4位に「ヱビスビール」、5位に「シルクヱビス」、6位に「ヱビス<ザ・ホップ>」とヱビスが3製品ランクインし、プレミアムビールの再購入意向の高さが際立った。

 近年、ビール市場は、発泡酒や第三のビールにおされ続けるなか、大手各社は新製品投入による市場拡大よりも、既存ブランドの価値を高め、市場規模の維持に主眼を置いているようにみえる。また、2009年のビールの出荷量は前年比6.7%減と、統計を取り始めた1992年以降の最低水準を5年連続で更新するなど、市場の縮小に歯止めはかかっていない。
 そのなかで伸びているのがプレミアムビールである。特に2006年以降は販売数量を大きく伸ばしており、2008年にはビール市場内でのシェアが10%を超えた(課税出荷数量ベース)。
 サントリー の「ザ・プレミアム・モルツ」は、CMに「矢沢永吉」「竹内結子」を起用し、「矢沢永吉」は2005年度から同CMに出演しているため、「ザ・プレミアム・モルツ」のCMの人とおなじみになっている。CMでは「ザ・プレミアム・モルツ」の高級感を演出することで、近年伸びてきている第三のビールとの差別化に成功している事例の一つといえる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示31ブランド】
  • キリンラガービール
  • キリン クラシックラガー
  • キリン 一番搾り生ビール
  • キリン 一番搾り スタウト
  • ハートランドビール
  • キリン ブラウマイスター
  • ハイネケン
  • ハイネケン ダークラガー
  • ドラフトギネス
  • エクストラスタウト
  • アサヒスーパードライ
  • アサヒ プレミアム生ビール 熟撰
  • アサヒ ザ・マスター
  • アサヒ黒生
  • アサヒ スタウト
  • レーベンブロイ
  • バス ペールエール
  • ヒューガルデン ホワイト
  • ステラ・アルトワ
  • レフ
  • サントリー モルツ
  • サントリー ザ・プレミアム・モルツ
  • カールスバーグ
  • アサヒ オリオンドラフト
  • サッポロ生ビール黒ラベル
  • ヱビスビール
  • ヱビス<ザ・ブラック>
  • ヱビス<ザ・ホップ>
  • シルクヱビス
  • サッポロラガービール
  • バドワイザー

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年2月24日~2月26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

2024.07.01

企業活動分析 サッポロHD 23年12月期は、業務用回復や北米の売上好調を背景に増収増益

2024.06.28

消費からみた景気指標 24年4月は8項目が改善

2024.06.27

月例消費レポート 2024年6月号 消費は改善の動きが続いている-引き続き消費回復の裾野の更なる広がりに期待

2024.06.27

24年5月の「ファーストフード売上高」は39ヶ月連続のプラスに

2024.06.27

24年5月の「ファミリーレストラン売上高」は27ヶ月連続プラス

2024.06.26

24年5月の「全国百貨店売上高」は27ヶ月連続のプラス、気温上昇で夏物商材が好調

2024.06.26

24年5月の「チェーンストア売上高」は既存店で15ヶ月連続のプラス、全店売上高はマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area