半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.09)
消費者調査 No.180 レトルトカレー(2013年9月版)
多様な進化でファンを掴む中高価格帯商品
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年のレトルトカレー市場は、前年の東日本大震災後の特需の反動などから、3.4%のマイナスとなりました。
 今回は、当社が任意に選んだレトルトカレー34ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2012年4月版)に引き続きハウス食品の「ククレカレー」「咖喱*屋カレー」が複数の項目で1位、2位を獲得した。この2ブランドに続くのは、「銀座カリー(明治)」で、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向などで3位を獲得。この3ブランド以外にも、認知や3ヶ月内購入、今後の購入意向などには上位にはロングセラーブランドがずらりと並んでいる。
 しかし、購入者の満足度をはかる指標である購入者ベースの今後の購入意向(再購入意向)では、顔ぶれががらりと変わる。認知や購入経験でトップだった「ククレカレー」は20位外、同じく2位の「咖喱*屋カレー」は9位に沈んだ。代わってトップとなったのは、「金のビーフカレー(セブン&アイ)」で、300円台というレトルトカレーとしてはやや高額な価格設定である。上位5位までをみると、「インドカリー(新宿中村屋)」「無印良品のレトルトカレー(無印良品)」「ザ・ホテル・カレー(ハウス食品)」と4商品が200円以上、6位の「銀座カリー(明治)」も250円前後と中高価格帯の商品の比率が高いのが特徴だ。

 レトルトカレーは、ボリュームの大きな100円前後の普及品の市場が、激しい価格競争で伸び悩む一方、中高価格帯の商品は好調が伝えられている。伸びを支えているのは、東日本大震災後の特需の際に拡がった新たなユーザー層とみられており、メーカーもそれに対応すべく、ご当地カレー、名店監修のカレー、エスニックのカレーなどさまざまな新商品を投入している。手頃で手軽という特長から、新たな次元へ進化をしつつあるレトルトカレー市場のゆくえが注目される。

*咖喱は、くちへんに加える、くちへんに厘

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示34ブランド】
  • ククレカレー(ハウス食品)
  • カレーマルシェ(ハウス食品)
  • 咖喱屋カレー(ハウス食品)
  • こくまろカレーレトルト(ハウス食品)
  • ジャワカレーレトルト(ハウス食品)
  • めざめるカラダ朝カレー(ハウス食品)
  • 燻しの匠燻製カレー(ハウス食品)
  • カフェカレ(ハウス食品)
  • 温めずにおいしいカレー(ハウス食品)
  • カロリー美食亭80(ハウス食品)
  • とろうま角煮カレー(ハウス食品)
  • ザ・ホテル・カレー(ハウス食品)
  • でか盛りカレー(ハウス食品)
  • 夏の元気!本気カレー!(ハウス食品)
  • なっとくのカレー(エスビー食品)
  • カレー曜日(エスビー食品)
  • 100kcal カレー(エスビー食品)
  • ディナーカレーレトルト(エスビー食品)
  • LEE (江崎グリコ)
  • ちょい食べカレー(江崎グリコ)
  • カロリーコントロールカレー(江崎グリコ)
  • CURRY POT (カレーポット)(江崎グリコ)
  • 銀座カリー(明治)
  • まるごと野菜カレー(明治)
  • 男のカレー(極旨・絶品・贅沢)(明治)
  • ボンカレーゴールド(大塚食品)
  • ボンカレーネオ(大塚食品)
  • インドカリー(新宿中村屋)
  • 「冷え知らず」さんの生姜カレー(永谷園)
  • 金のビーフカレー(セブン&アイ)
  • セブンプレミアムのレトルトカレー(セブン&アイ)
  • トップバリュのレトルトカレー(イオン)
  • バリューラインのレトルトカレー(ローソン)
  • 無印良品のレトルトカレー(無印良品)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年7月23日~24日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,005サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.19

企業活動分析 ライオン株式会社(2023年12月期) 増収も土地譲渡益の反動等で減益に

2024.07.19

企業活動分析 ユニリーバ(Unilever)(2023年12月期) 減収減益、事業部門の業績格差受け、新成長戦略を修正へ

2024.07.19

24年6月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.18

24年6月の「景気の現状判断」は4ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.17

MNEXT 円安は歓迎すべきかー過熱する円安論争

2024.07.16

企業活動分析 山崎製パン株式会社 23年12月期は大幅な増収増益で過去最高益に

2024.07.12

消費者調査データ スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2024年7月版) 首位「ポカリスエット」、追い上げる「アクエリアス」

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

週間アクセスランキング

1位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

2位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

3位 2024.03.08

消費者調査データ カップめん(2024年3月版)独走「カップヌードル」、「どん兵衛」「赤いきつね/緑のたぬき」が2位争い

5位 2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area