半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

プロモーション施策スタッフ育成コース

ご案内

生活様式や価値観の多様化により、マス宣伝や大量陳列など、これまでのボリュームによるプロモーションでは効果があがらなくなっています。当社では差異的な情報(情報ディファレンス)による差別的な情報を武器とした「情報的プロモーション」を提案し、その展開を推進するスタッフを育成します。「売れる情報」とは何か?「広告宣伝の効率を高める」にはどうしたらいいか?最適なプロモーション手法の使い分けができるようになります。

本コースの三つの特長

  1. 1.情報による差別化戦略の理論とその展開を一緒に検討し、実践につなげていきます。
  2. 2.御社専用のWebサイトをご用意し、集合研修後も個別の課題やお悩みについてアドバイスします。
  3. 3.カリキュラムや進め方については御社のご要望に応じてカスタム対応します。

実施スタイル

事前課題(専用webサイト)

参加者のみなさま専用のwebサイトをご用意します。集合研修前に弊社サイトを通じて課題や参照メニューを案内します。

集合研修

基礎講義とQ&A

演習と個別指導習

まとめ

◎弊社オリジナルテキスト

  1. 「情報ディファレンスによる差別化戦略のご提案」
  2. 「企業戦略ケース」

*弊社で編集された冊子とその典型事例により、「理論」「事実」「事例」を通じた理解を促します。

ネットでフォロー(専用webサイト)

集合研修後の疑問点や実務で発生した課題や悩みなど、個別の問い合わせに対応します。

スキルアップイメージ

こんな人が

  • これまで通りに広告・宣伝や店頭販促に予算を投下しているのに効果があがらず悩んでいる。
  • プロモーションにおける情報の重要さはわかっているが、具体的にどのように展開すればいいのか。

顧客まで情報が伝わらず
効果があがらない

本研修を受講すると

  1. 【 1 】情報的プロモーションとは何か(これまでとの違い)
  2. 【 2 】「売れない広告」と「売れる情報」の違い
  3. 【 3 】広告宣伝の効率を高める情報の提供
  4. 【 4 】プロモーションの最適ミックス条件
  5. 【 5 】 新しい市場対話システムの仕組みが理解できます。

こうなります

  • 製品と情報の差別化戦略により、競争優位の再構築に向けたプロモーション企画を立案できる。
  • 顧客との情報循環システムを構築し、投下コストを削減できるようになる。

情報的プロモーションを
ミックスさせ効果アップ

お見積もりやスケジュールなど詳細についてはお気軽にお問い合せください。

【お問い合せ先】
株式会社 JMR生活総合研究所
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1-1 パレスサイドビル2F
電話:03-3217-8400  Mail:web@jmrlsi.co.jp

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

新着記事

2024.04.24

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

2024.04.24

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

2024.04.23

24年2月の「旅行業者取扱高」は19年比で78%に

2024.04.23

24年2月の「広告売上高」は、3ヶ月連続のマイナス

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

週間アクセスランキング

1位 2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area