半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

生活価値からのチャネル戦略再編
流通研究チーム
制度疲労
 松下電器の店会の解散やダイエーとの取引再開、味の素、カゴメ、キューピー、グリコ、ロ ッテなどにおける建値・リベート廃止やメーカー希望価格のオープン化への移行、花王とジャ スコのECR、グンゼとイトーヨーカ堂のチームMDなど、これまでの流通戦略、取引制度を 変革する動きが相次いでいる。
 卸売段階での特約店・代理店制や小売段階での系列店制、そしてこうした流通系列化を支え る建値制、リベート制、販促費といった取引制度の整備がこれまでのチャネル戦略の実態であ った。すなわち、特約店制は、一地域一帳合制を原則にメーカーが自社ブランドを効率よく全 国配荷するための手段として採用され、また、建値制は、特約店制を採用したメーカーが流通 の各段階における価格設定の基準や利益配分のガイドラインとして機能し、結果、メーカーの 価格維持のための仕組みとなっていた。リベートは、メーカーの提供する商品を再販売する特 約店へのインセンティブとして機能していた。
 しかし、これらすべてが制度疲労を起こしている。大規模小売店舗法や酒免許法に代表され る規制緩和、業種小売業の衰退・組織小売業のバイイングパワー増大、生活者の対価重視の購 買行動、店内滞留平均二時間のワンストップショッピングなど「購買」を取り巻く 環境は激変した。建値制は、実際の店頭価格の乖離が激しくなり形骸化し、特約店へのインセ ンティブであったリベートは、ディスカウントのための原資となり、メーカーのコストとして は固定費化してしまっている。配荷率と価格維持を旨とした旧来の政策は、耐用期限を過ぎよ うとしている。過去強かったメーカーほど、苦しいという状況になっている。


本稿は、当社代表・松田久一による助言・指導をもとに、流通研究チームが執筆しております。本稿の内容は、松田からのアイデア・構想に大きく負っております。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

新着記事

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.04.17

24年3月の「景気の先行き判断」は5ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.04.16

24年2月の「家計収入」は17ヶ月連続のマイナス

2024.04.16

24年2月の「消費支出」は12ヶ月連続のマイナス

2024.04.15

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

2024.04.15

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

週間アクセスランキング

1位 2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2013.03.22

MNEXT ビックカメラによるコジマの買収はメーカーを巻き込んだ衰退業界再編の始まり

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area