保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
株式会社ココカラファイン(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年3月期決算の総括
ココカラファインの2014年3月期決算は、売上高3,493億円(13年比4.0%増)、営業利益74億円(同25.9%減)と増収減益となった。2012年11月に株式会社コダマ、2013年11月に株式会社岩崎宏健堂を子会社化したことにより、一時的な経費増加や販売体制の再構築による影響があったたことが減益の原因となっている。また、介護事業ではサービス付き高齢者専用住宅やリハビリ特化型デイサービスを新規開設し、収益改善が急がれている。13年4月に販売子会社6社を統合し、店舗運営・販促システムを一新したことで上期は組織的混乱があったものの下期には収束し、14年度は業績改善にむけて事業強化を行っていく方針。出退店状況をみると、58店舗出店、29店舗退店、さらに岩崎宏健堂の62店舗を加えた結果1,352店舗(13年1,261店舗)と大きく増加した。2016年3月期売上高5,000億円を目標として、出店強化と差別性の高い商品サービスの提供に継続して注力する。

【最新版 287kb・2014.07.29 新規】
ココカラファイン
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「ココカラファイン」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.