半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2009.04)
カップめん(2009年版)
独走のカップヌードル、地歩固めるPB
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 カップめんは、年間30億食を超える(データ:(社)日本即席食品工業協会)市場だが、2008年、この巨大な市場は穀物や原油などの原料高に揺れ、約7%縮小した。
 今回は、全国区で発売されているカップめん(ラーメン、うどん・そば)について、当社のインターネットモニターに行った調査結果を、ランキング形式でお届けします。

 前回(2004年)のランキングでは、日清食品の「カップヌードル」が全項目で首位を独占したが、今回のランキングでも「カップヌードル」が強さをみせた。
 「カップヌードル」は、「知っている(認知率)」でこそ同じく日清の「チキンラーメン」に僅差で首位を譲ったが、「6ヶ月以内に店頭でみた(店頭認知)」「今後(も)食べたい」など残り6項目では全て首位を獲得した。特に「6ヶ月以内に食べた」「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」「今後もっとも食べたい」では、2位以下に20%近い差をつけ、追随を許さない。
 さらに、「カップヌードル」以外の日清食品のブランドも、「どん兵衛」「チキンラーメン」が全ての項目で5位以内に入るなど、トップメーカーとして厚い商品構成となっている。
 日清食品以外では、東洋水産の「赤いきつね・緑のたぬき」が「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」「今後もっとも食べたい」でそれぞれ2位となるなど、発売30年を超えるロングセラーならではの根強いファン層がみられる。
 また、消費者の生活防衛意識を背景に売上を伸ばしているプライベートブランド(PB)の商品も、有名メーカー商品に互してランク入りを果たしている。イオンのトップバリュは「6ヶ月以内に食べた」「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」でそれぞれ9位と5位という一桁にランクインし、セブン&アイの「セブンプレミアム」も、6ヶ月以内の購入者ベースで63.6%が「今後も食べたい」と答えるなど、一定レベルのファンの獲得に成功している。

 2008年の値上げラッシュも落ち着き、メーカー各社が積極的な新商品投入を図っていることもあり、2009年のカップ麺市場は回復基調にあるといわれている。しかし、景況感の悪化からくるユーザーの節約意識の高まりや、PBの攻勢も予想され、「国民食」ともいわれるカップ麺の競争は、たとえ大型ブランドといえども予断を許さないといえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示38ブランド】
  • チキンラーメン(日清食品)
  • カップヌードル(日清食品)
  • 日清のどん兵衛(日清食品)
  • 日清麺職人(日清食品)
  • 行列のできる店のラーメン(日清食品)
  • 日清中華(日清食品)
  • 日清ラ王(日清食品)
  • 日清のごんぶと(日清食品)
  • 日清デカ王(日清食品)
  • 日清の江戸そば/ 京うどん(日清食品)
  • GooTa[グータ] (日清食品)
  • スープヌードル(日清食品)
  • 赤いきつね・緑のたぬき(東洋水産)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • ホットヌードル(東洋水産)
  • 匠(東洋水産)
  • 昔ながらの中華そば(東洋水産)
  • 激めん(東洋水産)
  • 明星チャルメラカップ(明星食品)
  • 明星一平ちゃん(明星食品)
  • 明星究麺(きわめん)(明星食品)
  • エースコックワンタンメン(エースコック)
  • わかめラーメン(エースコック)
  • スーパーカップ(エースコック)
  • サッポロ一番カップスター(サンヨー食品)
  • サッポロ一番どんぶり(サンヨー食品)
  • サッポロ一番ポケモンヌードル(サンヨー食品)
  • 長崎ちゃんぽん(マルタイ)
  • ホームラン軒(加ト吉)
  • 東北ご当地シリーズ(加ト吉)
  • 広東拉麺(加ト吉)
  • トップバリュのカップ麺
  • セブンプレミアムのカップ麺
  • セービングのカップ麺
  • ファインセレクトのカップ麺
  • グレートバリューのカップ麺
  • グッドアイのカップ麺
  • UUCSのカップ麺

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2009年4月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:632サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area