保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2005.01)
どうなるドラッグストア
ドラッグストア第2段階へ、規模拡大化と高付加価値化へ分化
戦略分析チーム 大澤



 2004年10月、神奈川・静岡に拠点を置く大手ドラッグストアCFSコーポレーション(旧ハックキミサワ)はイオン・ウエルシア・ストアーズグループとの資本・業務提携を打ち切ることを発表した。8月には、札幌に拠点を置くパワーズドラッグがマツモトキヨシグループから脱退し、すぐ富士薬品傘下に入った。
 ドラッグストア業界で進んでいたグループ化が大きな転換点を迎えている。メーカー各社、唯一の成長チャネルとして注力化あるいは対応を検討しているドラッグストアが大きく変わろうとしている。このショートケースでは、グループ化の潮流から今後のドラッグストア業界を検討してみたい。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.