日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
株式会社三越(2008年)
2008年2月期決算の総括
三越の2008年2月期連結決算は、減収減益であった。低迷の要因として、物価の上昇傾向やサブプライムローン問題に端を発した株価下落などから個人消費が減速したことも一因とあげられるものの、三越自体の政策失敗によることも否定できない。既存14店舗において59億円の投資を行い店舗改装に取り組むも計画未達であったこと、自主編集売場「重点売場・重点ゾーン」の業績拡大を目指し施策を投じるも、当該売場での売上高は計画比95.6%と計画を下回る結果となったことのふたつである。2007年度より「三越ブランドルネサンス6ヵ年計画」に着手、2007年8月には伊勢丹との経営統合契約が締結された。今後、伊勢丹の商品力・資金力を最大限に活用し、営業効率の改善こそが三越再生の鍵といえる。

【最新版 363kb・2009.03.18 新規】
三越
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年
戦略200+・企業活動分析「三越」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.