日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
ハイアール集団株式会社(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年4月期決算の総括期
世界最大13億人の消費人口がいる中国をホームマーケットとして、川下(系列店、最大のEC、物流網、顧客)を徹底的に支配し、相対的に安い人件費を活かして、量産コスト優位を実現し、白物家電市場で頭角を現しきたハイアール。日本企業の業績が悪化する中、2009年に白物家電で世界シェアトップになり、2011年に三洋電機を買収、2013年、売上高はグループで3兆円を超える規模に成長した。 今後は、弱い技術・企画力の弱点をパートナーとの連携で補強する一方、圧倒的な顧客支配力を武器に、ものづくりのプラットフォームを目指している。さらに、ダイレクトサービス事業(消耗品交換や家電トラブル対応、リフォーム提案)を展開し、最大顧客からの持続的な収益づくりを目指している。

【最新版 358kb・2014.07.30 新規】
ハイアール集団
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「ハイアール集団株式会社」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.