日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
明星食品株式会社(2007年)
2006年9月期決算の総括
2006年9月期の連結決算は、売上高788億円(前年比104%)、営業利益17億円(同129%)、経常利益18億円(同134%)であった。2006年10月に米系投資ファンド、スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドから敵対的TOBを仕掛けられるも、同11月に日清食品がホワイトナイトとして友好的TOBを実施し、資本業務提携をすることとなる。2007年3月には完全に日清食品の子会社となり、2008年10月の日清食品の持株会社化に伴い、日清食品ホールディングスの事業会社となる。小麦粉などの原料、石油関連の燃料・資材の大幅な価格高騰を受け、2008年1月に17年ぶりに値上げを実施。「チャルメラ」「中華三昧」「一平ちゃん」の3ブランドがロングセラーとして強いブランド力を維持しているものの、値上げによる売上減は免れず、さらに大手小売業が低価格なPB商品を拡充する中で、厳しい競争を強いられている。

【最新版 372kb・2009.08.05 更新】
バックナンバー 00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年
- - - - - -
戦略200+・企業活動分析「明星食品」
戦略200+・企業活動分析事例

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.