日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

「比較ケースから学ぶ戦略経営」トップ
読者の声
一般的にコンサルタントが行うSWOT分析と比較して、「タテの戦略」という考え方のほうがより腑に落ちる。これまでの経験から過去は無視できないものだと感じている。戦略を考える上で、過去を振り返ることの重要性を再認識できた。

会社役員[化粧品]

本コーナーでは、本書をお読みになった皆さまからのご感想を募集しています。
下記ボタンよりご質問をお送りください。(本サイトへの会員登録(無料)が必要です)

なお、本サービスは会員専用になります。
当サイトの会員でない方は、以下より会員登録(無料)をお願いいたします。


↑トップに戻る



特別コンテンツダウンロード

本書をお読みいただいた読者のさらなる事例研究のために、本書で紹介した方法で作成した15社の戦略年表や、世代ごとの価値意識データを無料でご提供いたします。

下記ボタンよりお申し込みください。(当サイトへの会員登録(無料)が必要です)

なお、本サービスは会員専用になります。
当サイトの会員でない方は、以下より会員登録(無料)をお願いいたします。


正誤表

現在のところ、本書の誤字、脱字等はございません。

page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.

あの会社の危機脱出のドラマを面白く読んで戦略経営を読むスキルと知識が身につき仕事に生かせる新しい実務作法本

 「比較ケースから学ぶ戦略経営」は、公開されている事実をもとに、 危機を乗り越える会社のドラマを描いています。このドラマを読んで頂くと、 会社の戦略の読み方や、 会社経営の方法などが分かるようになっています。
戦略経営(Strategic Management)とは、マーケティングを基軸にした戦略によって行う経営を意味します。

 アメリカの レジェンド企業のコダックが 経営破綻し、それを追いかけてきた 富士フイルムは危機を乗り越え再成長することができたのは、どうしてでしょうか。
(参考図表:コダックと富士フイルムの業績推移)

  馬具屋としてスタートしたエルメスはラグジュアリーブランドに生まれ変わることで、危機を乗り越えました。江戸時代に繁栄を誇った 三井呉服店(三越)は、明治維新によって武士層や富裕な町人層の顧客を失いましたが、 百貨店として再生することができました。

 日本の ものづくりの強さは、技術革新によって他社が真似できない差別化された商品を生み出し、顧客に新しい価値を提供することにあります。この好例である花王と、日本企業とは対極にあるアップル社の戦略を比較します。

 キリンビールは、ビール市場で 圧倒的なシェアを握っていたにも関わらず、経営危機に瀕していたアサヒビールに シェア逆転を許しました。 競争戦略現場での競り合いを比較してみます。
(参考図表:キリンとアサヒのシェア比較)
 会社の資源集中の方法については、GE(ゼネラル・エレクトリック)のビジネスポートフォリオマネジメント(BPM)をテキスト事例として紹介し、シャープ、フィリップスの戦略と比較します。

 業種も創業の歴史も違うトヨタ自動車、ファーストリテイリング、グーグルの3社の共通点は 人づくりであり、組織化です。組織づくりや組織設計のポイントを3社比較で紹介します。
(参考図表:3社の組織比較)
 会社の戦略を読むとは、顧客、差異づくり、競争、資源集中、組織づくりの5つの視点から会社の行動を理解することです。特に、長寿企業は、 経営の基軸に顧客を据えるという原則を守り抜いています。各社の戦略を読み解くことで、起業や会社経営、企画や営業の仕事に応用し、活用していただければ幸いです。