保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
スギホールディングス株式会社(2015年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
スギホールディングスの2015年2月期決算の総括と戦略計画

 スギホールディングスの2015年2月期の連結決算は、売上高3,836億円(前年比5.1%増)、営業利益208億円(同3.8%増)と増収増益となった。2014年度は「変革と創出」をスローガンとして、既存店舗の大型化・品揃え拡充のための改築・改装、新たな商品やサービスの導入、調剤事業の強化に取り組むとともに、次代の経営基盤となる仕組み・システムの開発導入と制度・規範の整備、さらに分権化組織による管理運体制づくりを進めた。具体的には、地域における医療ニーズに対応するための夜間対応可能店舗及び在宅調剤実施店舗の拡大、後発医薬品の普及・促進、調剤待合室の環境改善、若者からシニアまでのニーズに応えるための新たなビューティ商品の導入・展開、高齢化に伴い拡大するシニア層のニーズに応えるための介護用品や介護食等の品揃え拡充を行った。店舗の出退店状況をみると、59の新規出店、87店舗の中・大型改装、1店舗の業態転換、27店舗の閉店を実施し、店舗数は前期末比32店舗増の947店舗となった。2015年度は、商品分類と売場展開の見直し、新たな商品とサービスの導入、商品陳列・演出・表示の見直し等に取り組む。諸施策で差別的優位性のあるグループ事業体を構築できるかが今後の課題である。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.