日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2004.06)
P&G(Procter & Gamble)
P&Gの新しいカテゴリーマネジメント
戦略分析チーム 舩木



 小売企業との戦略同盟やECR、カテゴリーマネジメントをリードしてきたP&Gが、新たなカテゴリーマネジメント手法を導入し、ここ2年、売上は2ケタ増を続けている。棚割を中心とするカテゴリーマネジメントのセオリーは、POSデータ分析を中心に、いかに効率的な売場づくりを実現するかに主眼がおかれていたが、そこから一歩進んだ売場づくり提案に取り組んできた成果である。
 同社は、消費者満足という原点に立ち返り、ふたつの真実の瞬間に焦点をあてた。第一の真実の瞬間は「消費者が店頭で製品を選び購入する瞬間」、第二の真実の瞬間は「消費者が家庭で製品を使用する瞬間」である。
 カテゴリーマネジメントでは、得意先との協働による第一の真実の瞬間における消費者満足の提供が基本使命となっている。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.