保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2001.07)
マイライン争奪戦
-NTTを苦しめる値引き合戦の行く末
戦略分析チーム



 2001年5月1日、マイラインサービスが始まった。マイラインとはあらかじめ利用する電話会社を登録することにより、通話の際に電話会社の識別番号(4桁の数字)をダイヤルせずにその電話会社を利用できるというサービスのことである。このマイラインをめぐって通信各社が全国6千万回線のシェアの塗り替えをめぐってしのぎを削る。

1.マイライン導入の経緯

(1)マイラインとは

 2001年5月1日、マイラインサービスが始まった。連日連夜、街頭やTVCMで目にするこの「マイライン」。正式には「電話会社事前登録制(優先接続)」という。あらかじめ利用する電話会社を登録することにより、通話の際に電話会社の識別番号(4桁の数字)をダイヤルせずにその電話会社を利用できるというサービスである。ユーザーは、A.市内通話、B.同一県内の市外通話、C.県外への通話、D.国際電話の4つの区分ごとに登録する電話会社を選ぶことができる。
 登録以外の電話会社の識別番号をダイヤルするとその電話会社を利用できる「マイライン」と、登録以外の電話会社の識別番号をダイヤルしても登録された電話会社だけしか使えない「マイラインプラス」の2種類がある。
 申し込み受付期限は2001年10月31日であり、その後の登録・登録の変更には800円の手数料がかかる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





参照コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.