日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

シャープ PCI空気清浄機
プラズマクラスターイオンで白物家電の成長へ
構成
 1.家庭用空気清浄機のニーズの変化
 2.「加湿」を通じた「美肌」か、「一歩進んだウイルス対策」か
 3.技術優位性を伝える、巧みなPRと店頭販促
 4.今後の展望:BCP対策が主戦場のひとつに


 シャープの家庭用空気清浄機の販売が、好調に推移している。背景には、空気中のウイルス除去機能を持つプラズマクラスターイオン(以下PCI)発生機「IG-A100-W」の好調がある。同機はイオン発生技術そのものを製品化した初の試みであるが、2008年10月の発売以来、3ヶ月で計画比6割増の約10万台が販売される等、シャープ健康・環境システム事業本部にとってうれしい誤算となっている。シャープは白物家電の売上を2012年までに現在の約4倍である1兆円にする野心的な計画を掲げており、この成功はその序章となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

ジェネレーショノミクス
消費社会白書 2014 ご案内
戦略ケースの教科書

| JMRについて | サイトマップ | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 著作権について | 辛口性格診断 | リスクタイプ診断 |

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (C) 1997-2014 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.