日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
カネボウ化粧品(カネボウ)株式会社(2005年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
カネボウの2003年3月期決算の総括と戦略計画

 カネボウの2003年3月期決算は売上高5,182億円、経常利益141億円(連結ベース)で、3年連続の減収となった。また、財務面でも、2003年9月中間決算で629億円の債務超過に陥り、5,000億円を超える有利子負債の削減も進まないなど、厳しい状況が続いている。この事態を受け、カネボウは抜本的な改革に乗り出した。2006年を見据えた新中期計画の柱は、赤字が続く繊維事業の縮小・撤退と、化粧品事業の分社化である。リストラや新会社の株式売却益などで、まずは財務の健全化に取り組む。2004年は、「ペンタゴン経営」から脱却し、新しい成長の基盤作りに取り組む年になりそうだ。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.