保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
わらべや日洋株式会社(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
わらべや日洋の2014年2月期決算の総括と戦略計画

 わらべや日洋の2014年2月期の連結決算は、売上高1,865億円(前期比6.6%増)、営業利益37億円(同5.1%減)、経常利益39億円(同3.8%減)と、増収減益となった。主要顧客であるセブン-イレブンの積極的な出店や、チルド温度帯商品の販売伸長などにより売上を拡大させたものの、米価上昇や記録的な大雪の影響により、利益は計画を下回り減益となった。一方で、今後の売上増加にも対応するため、相模原工場第二(和菓子専用施設)や四国初の拠点となる香川工場を稼働、名古屋工場の増改築工事を完了し生産能力を増強、さらにチルド温度帯商品の需要増加に対応するため、浦和工場の建設に着手している。引き続き拡大傾向にある中食市場で、セブン-イレブンとの強固な取引関係を基盤として、新規エリアへの進出を含めた納品店舗数と納入アイテム数の拡大を図るとともに、セブン&アイグループ各社との取引を拡げ、さらなる海外展開や新規ビジネスへの参入も視野に入れた取り組みを進めており、来期以降の業績に期待がかかる。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.