保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.06)
消費者調査 No.172 日焼け止め(2013年6月版)
多機能化、男性向け拡大など進化する日焼け止め市場
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 温暖化や紫外線の影響の周知などが進むとともに、日焼け止め市場も拡大を続けています。
 今回は、当社が任意に選んだ日焼け止め27ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「ビオレさらさらUVの日焼け止め(花王)」が7項目中6項目で首位を獲得、それを前回首位を独占した「アネッサ(資生堂)」が小差で追う展開となった。
 「ビオレさらさらUVの日焼け止め」は、認知、広告接触、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入、今後の購入意向などの6項目で首位を獲得、ユーザーの満足度を測る指標である、購入者ベースの再購入意向でも2位にランクインした。日焼け止めのトップブランドは「アネッサ」だが、価格的には3倍程度の開きがあり、「ビオレさらさらUVの日焼け止め」は、気軽に使えるデイリーユースの商品として受け入れられていると考えられる。
 また、今回ユーザー満足度のトップは、男性向けの「ニベアフォーメンの日焼け止め」が獲得した。男性向けのUVケア市場規模は、2012年以降大きく伸びており、先発の花王やマンダムに加え、ロート製薬、大塚製薬なども新たに男性向けの日焼け止めを投入している。

 日焼け止めは、季節商品から通年商品へ、女性向け商品から男女両方向けの商品へとオケージョンやターゲットを拡大しながら成長してきた。2012年以降も、髪の毛などにも使えるスプレータイプや、伸びが良いため塗った後に白く残りにくく、べたつかないジェルタイプなど様々なタイプが発売され注目されている。
 全体としては伸び悩む化粧品市場だが、成長株である日焼け止め市場は、今後もますます進化し続けることが予想される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27ブランド】
  • ビオレさらさらUVの日焼け止め (花王)
  • ニベアサンの日焼け止め (花王)
  • ニベアフォーメンの日焼け止め (花王)
  • ソフィーナの日焼け止め (花王)
  • キュレルUVカットの日焼け止め (花王)
  • アリィーの日焼け止め (カネボウ化粧品)
  • アネッサの日焼け止め (資生堂)
  • シーブリーズの日焼け止め (資生堂)
  • UVホワイトの日焼け止め (資生堂)
  • 専科の日焼け止め (資生堂)
  • メンソレータムサンプレイの日焼け止め (ロート製薬)
  • 肌研(ハダラボ)の日焼け止め (ロート製薬)
  • OXYの日焼け止め (ロート製薬)
  • UL・OS(ウル・オス)の日焼け止め (大塚製薬)
  • サンキラーの日焼け止め (伊勢半)
  • コパトーンの日焼け止め (大正製薬)
  • ソラノベールの日焼け止め (近江兄弟社)
  • サンカットの日焼け止め (コーセーコスメポート)
  • オルビスの日焼け止め
  • DHCの日焼け止め
  • ちふれの日焼け止め
  • ファンケルの日焼け止め
  • ドクターシーラボの日焼け止め
  • 無印良品の日焼け止め
  • 雪肌精の日焼け止 め(コーセー)
  • SK-IIの日焼け止め (マックスファクター)
  • RaioS(ライオス)の日焼け止 め(リベルタ)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年3月29日~4月1日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,051サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.