日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.01)
消費者調査 No.241
チョコレート(2017年1月版)
超ロングセラー明治チョコレートを追う森永ダース


 2015年の1世帯あたりのチョコレート購入金額は、年間5,502円で、5年連続の増加となり、菓子類のなかでは数少ない成長分野となっています(総務省家計調査報告)。

 今回は、当社が任意に選んだチョコレート29ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査でも、前回(2016年3月版)同様、「明治ミルクチョコレート(明治)」、「ガーナ(ロッテ)」、「ダース(森永製菓)」「メルティーキッス(明治)」などのロングセラーブランドが上位を占めた。

 昨年、発売90周年を迎えた「明治ミルクチョコレート」は店頭接触3ヶ月内購入、今後の購入意向などの項目で首位を獲得、さらに広告接触以外の6項目で5位以内に入るという強さをみせた。一方、1993年発売の「ダース(森永製菓)」は、認知で「ガーナ(ロッテ)」と同率首位、購入経験では「明治ミルクチョコレート」を僅差でおさえての首位を獲得し、再購入意向以外の6項目で3位内に入り、「明治ミルクチョコレート」を猛追する。この2ブランドに「ガーナ」を加えた3強が上位をがっちりとおさえる構図となった。

 しかし、購入経験者ベースでの今後の購入意向をみると、ロングセラーはやや後退、チョコレートの新しいトレンドをリードする商品が上位を獲得した。首位は「ビーントゥバー(カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を一貫して行なう製法)」で作られた「明治ザ・チョコレート(明治)」が首位、健康志向の「乳酸菌ショコラ(ロッテ)」「チョコレート効果」がそれぞれ2位と3位に入った。独自の特徴を強く打ち出して、ユーザーに受け入れられた例といえよう。

 2017年は、プレミアムチョコレート店の上陸が予定されており、「ブルーボトルコーヒー」もビーントゥバーのチョコレート「TCHO(チョー)」を発売するなど、より本格志向が強まる可能性もある。強いロングセラーは、このまま「強さ」を発揮し続けられるのか、ビーントゥバーや健康志向に続く新しいトレンドは登場するのか。チョコレートの最需要期である2月を前に、チョコレート市場への注目は高まるばかりだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示29ブランド】
  • チョコレート効果(明治)
  • 明治ザ・チョコレート
  • 明治ミルクチョコレート
  • 明治ブラックチョコレート
  • メルティーキッス(明治)
  • ガルボ(明治)
  • スイーツデイズ乳酸菌ショコラ
    (ロッテ)
  • ガーナ(ロッテ)
  • V.I.P.(ロッテ)
  • ZERO(ロッテ)
  • GABA(江崎グリコ)
  • バンホーテンチョコレート
    (江崎グリコ)
  • ダース(森永製菓)
  • 森永チョコレート(森永製菓)
  • カレ・ド・ショコラ(森永製菓)
  • ベイク(森永製菓)
  • 半熟ショコラ(森永製菓)
  • ルック24℃(不二家)
  • ドクターズチョコレート
    (マザーレンカ)
  • ピュアショコラ(カバヤ)
  • ボノボン(ヤマキン)
  • ロシェ(フェレロ)
  • エクセレンス(リンツ)
  • キスチョコ(ハーシー)
  • アフターエイト(ネスレ)
  • ウィッタカー ダークガーナ
    チョコレートバー
  • セブンプレミアムの板チョコ
  • トップバリュのチョコレート
  • スイスセレクション(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年12月9日~13日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:992サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.