保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.11)
消費者調査 No.189 袋めん(2013年11月版)
正麺が牽引する生めんタイプの市場拡大
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年の袋めんの生産数量は、前年比103.6%で、2年連続の増加となりました。(日本即席食品工業協会)。
 今回は、当社が任意に選んだ27ブランドの袋めんについて、「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2013年1月版)と同じく、「チキンラーメン(日清食品)」と「マルちゃん正麺(東洋水産 以下、正麺)」が複数の項目で首位争いを演じているが、前回に比べ、「正麺」の伸びが目立つ結果となった。
 「正麺」は、認知率で前回の5位(61.1%)から3位(83.5%)に、購入経験も4位(33.9%)から2位(52.2%)にランクアップ、今後の購入意向でも前回首位の「チキンラーメン」と約5ポイント差の3位から、今回は0.3ポイント差とほぼ横並びの2位に迫った。アクティブなユーザー層の指標である3ヶ月内購入でも、首位「正麺」は2位「チキンラーメン」に対し前回の5.4ポイント差から、今回は8.9ポイントと差を広げ、ユーザーの拡大が続いているといえる。
 また、再購入意向をみると、1位「正麺」、2位「セブンゴールド 金の麺(セブン&アイ)」、3位「日清ラ王袋麺(日清食品)」と1位から3位までを生めんタイプが占めており、これらのブランドがファンを掴んでいることがうかがえる。

 昨年から続く生めんタイプのブームは終息するどころかさらに拡大し、火付け役となった「正麺」は、今年10月に5億食を達成した。メーカー各社も「日清ラ王袋麺」を発売した日清食品に続き、セブン&アイが東洋水産との協業で「セブンゴールド 金の麺」を5月に発売、サンヨー食品も「サッポロ一番 頂」を10月28日に発売するなど、生めんタイプの市場は一気に激戦区と化した。
 さらに、東洋水産は10月に「マルちゃん正麺 うどん」「同 カレーうどん」を発売し、新規ユーザーの獲得を狙う。対する日清食品も、和風めんの「日清のどん兵衛 生うどん食感」「日清のどん兵衛 生そば食感」を発売、冷凍めんトップのテーブルマークも、ノンフライ袋めん「熟練屋 うどん」で参入を果たした。
 袋めん市場は、生めんタイプを牽引車に、ラーメンから和風めんへと戦場を拡大している。日清食品をはじめとする他社の厳しい追い上げのなか、「正麺」が先行者の強みでトップブランドの地位を守れるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27ブランド】
  • チキンラーメン (日清食品)
  • カップヌードルリフィル (日清食品)
  • 出前一丁 (日清食品)
  • 日清のラーメン屋さん (日清食品)
  • 日清ラ王袋麺 (日清食品)
  • マルちゃん正麺 (東洋水産)
  • 昔ながらの中華そば (東洋水産)
  • マルちゃんラーメン (東洋水産)
  • バリうま (東洋水産)
  • サッポロ一番袋麺 (サンヨー食品)
  • サッポロ一番麺の力 (サンヨー食品)
  • サッポロ一番ご当地麺屋さん (サンヨー食品)
  • 明星中華三昧 (明星食品)
  • 明星チャルメラ (明星食品)
  • 明星評判屋中華そば (明星食品)
  • 明星究極 (明星食品)
  • ノンフライ袋麺だしがきいている 
    (テーブルマーク)
  • ラーメン新麺組 (エースコック)
  • SUGAKIYAラーメン (寿がきや食品)
  • 永谷園煮込みラーメン (永谷園)
  • AKAGI醤油ラーメン (大黒食品工業)
  • 辛ラーメン 袋 (農心)
  • セブンゴールド 金の麺
  • セブンプレミアムの袋めん
  • トップバリュの袋めん
  • ローソンセレクトの袋めん
  • コープラーメン屋さん (日本生協連)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年10月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.