日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2009.11)
止まらない「激安」ジーンズデフレ
不況と世代交代のインパクト
本稿は、「週刊エコノミスト2009年11月17日号」掲載記事のオリジナル原稿です。



1.激安ジーンズが絶好調
図表1.各社の1,000円以下のジーンズ
 不要不急な衣料品販売では、不況下においては少しでも財布の紐を緩めてもらうために、低価格競争に陥りやすい。「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングのブランドg.u.(ジーユー)が今年3月に990円のジーンズを発売した。これがきっかけとなり、その後、イトーヨーカ堂やイオンといった総合スーパーが最低価格を競うように追随し、激安ジーンズ競争が激化している。同10月にはディスカウンターのドン・キホーテも、690円のPBジーンズを販売し、参戦を果たした(図表1)。
 現在までのところ、激安ジーンズは各社とも販売目標を上方修正する勢いで好調に推移している。g.u.では当初目標の50万本から2ヶ月足らずで100万本へと目標修正した。セブン&アイの「ザ・プライス」(5万本目標)も完売の見込みで追加発注を行っている。ドン・キホーテでも初回入荷分は既に完売し、次回11月の入荷待ちという状態である。8月に激安ジーンズを発売したイオンでは、9月度の衣料品売上が8ヶ月ぶりに対前年同月比を超えた。激安ジーンズがお客様を引きつけ、ジーンズだけでなく、他の衣料品のついで買いも生み出していることが推測される。総合スーパーでは、長らく不調であった衣料品販売に光が差し始めている。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.