保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2008.06)
直接仕入れで収益改善を狙うイオンの戦略



卸中抜きの直接取引を5倍に
 イオンは、現状1,000億円のメーカーとの直接取引を3年後に5倍の5,000億円に引き上げ、総仕入れ額に占める比率を15%とし、約300億円のコスト削減を狙う方針である。すでにイオンと直接取引している花王やカゴメ、ネスレなど約60社についても、グループ傘下のダイエーやマルエツなどに拡大していくほか、仕入先や仕入れ商品の対象を広げる。
 この背景には、2008年2月期の連結決算での営業利益が前期比18%減となり、10年ぶりに減益となったことがある。続く2009年2月期からの3ヵ年経営計画では、最終年度(2011年2月期)での連結売上5兆8,500億円、営業利益2,500億円達成という目標が掲げられた。この中期計画では、中核事業でありながら、収益力の低下が顕著なGMS(総合スーパー)事業の再生が実現の鍵を握るとしており、イオン最大の強みである「規模」を梃子にした取り組みのひとつとして、「直接取引の拡大」が始動した。

 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
有料会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





参照コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.