日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.10)
楽天-TBS経営統合
放送と通信融合の突破口となるか



楽天、共同持ち株会社を提案
 楽天がTBSの発行済み株式の15.46%超を取得し、TBSの筆頭株主となった。楽天はTBSに対して、共同持ち株会社を設立する形での経営統合を申し入れた。ライブドアのフジテレビジョンへの業務提携提案に続いて、ネット企業がテレビとインターネット、通信の融合を狙ったことになる。
 共同持ち株会社を提案した理由としては、放送事業の公共性を考慮したとされている。また、TBS社員やブランド、TBSの取引先との関係維持などへ配慮するとし、ライブドアが反発を買って失敗した経緯をふまえた対応をしている。
 TBSの井上社長は、「唐突な印象を受ける。慎重に対応を検討していくが、協議をはじめたわけではない」と述べた。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.