保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2002.08)
都市再生法によって加速する
東京発マーケティング革新
戦略分析チーム



 東京に新たな、情報発信基地が誕生しようとしている。それらのスポットは、これまでの渋谷、新宿、池袋といった、商業中心の繁華街と異なる職住商が一体となった街である。新しいライフスタイルをトータルにパッケージングした新しい街が出現する。

1.民間主導の街づくりの可能性
 かつて、「丸の内マンハッタン計画」という報告書が三菱地所によってまとめられた。東京・丸の内地区の建物をどの程度まで大型化できるかを検討したこの報告書によると、丸の内のビルの容積率(敷地面積に対する延べ床面積の割合)を現在の2倍の2000%に拡大しても、この地区の交通量に影響を与えたり、下水の容量を超えたりしないという。この結果を基に、東京駅をマンハッタン並みの高層ビル街に変える構想が提案されたのだが、民間主導の都市開発計画に反発した、旧建設省や東京都の反対で約10年前にお蔵入りとなってしまった。
 しかし、ここにきてこのような民間主導の、街づくりに大きな可能性が出てきた。民間主導の都市開発計画を促進する都市再生特別措置法(以下都市再生法)の施行や、J-REIT(上場不動産投資信託)といった新たな資金調達方法が可能となったためである。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.