日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

吉野家ディー・アンド・シー
-「うまい、やすい、早い」 安さ演出し客数倍増!吉野家の逆襲! (2001年)
戦略分析チーム

 牛丼などの和風ファーストフードが成長している。日本フードサービス協会によると、7月度が対前年で客数128%、客単価95%で売上高122%、8月になると客数206%、客単価74%、売上高153%と客単価が大幅に低下するものの、客数を大きく伸ばすことで売上高も大幅に伸長した(図表1)。牛丼チェーンの最大手吉野家が並盛400円を280円へと値下げしたためである。
 吉野家の8月中間期の連結売上高は対前年11%増の769億円と従来予想の705億円を上回り、営業利益も同32%増の96億円を達成した。8月単月の既存店来店客は前年同月比で2倍、売上高は同48%増加した。
 吉野家のこの値下げは、消費低迷と競合の値下げに対応するために、単に利益を削って行ったものではない。その背後には、実際の安さ以上に「お買い得感」に敏感に反応する消費者心理に対する理解と、安さを可能にするビジネスシステム全体の見直しがあった。

(2001.10)
 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


 
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.