日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2001.10)
百貨店の明暗を分けるブランド消費
-百貨店の復活は本物か?
戦略分析チーム 大澤



 「3ヶ月連続で売上高プラス。」9月14日に日本百貨店協会は、2001年8月の東京地区百貨店(13社28店)の売上状況を発表した。店舗調整後の売上高対前年同月比は+2.1%で、6~8月3ヶ月連続でプラスとなった。新聞や雑誌でもこうした状況を捉え、「都心百貨店の復活」が頻繁に特集されている。また、百貨店の復活を書いた本も数多く出版されている。
 都心百貨店が復活したポイントは一体何であろうか。このケースでは、東京地区の百貨店に着目してこの点についてみてみる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.