日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.06)
消費者調査 No.174 入浴剤(2013年6月版)
キーワードは抗ロコモ? 炭酸タイプ入浴剤の高い満足度
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 入浴剤市場は、スキンケアやシャワー用などさまざまなサブカテゴリーがありますが、市場全体をみると、そのうちの炭酸タイプの拡大が牽引車となって、ゆるやかな成長を続けています。
 今回は、当社が任意に選んだ入浴剤21ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2009年版)に引き続き「バブ(花王)」が複数の項目で首位、それを「バスクリン(バスクリン)」が追うという展開となった。
 「バブ」と「バスクリン」では、広告、店頭接触や購入経験などでは「バブ」がリードはしているものの、その差は小さい。しかし、今後の購入意向では「バブ」は「バスクリン」に6.3ポイントの差をつけており、「バブ」が今後も首位を守ることが予想される。
 また、ユーザーの満足度の指標である、購入経験者ベースの今後の購入意向では、「バブメディケイティッド(花王)」「きき湯(バスクリン)」「バブ」の順で、上位3位はすべて炭酸タイプで占められており、炭酸タイプの人気の高さを裏付ける結果となった。

 入浴剤は、従来のリラクリゼーションや保湿などからさらに機能を拡げており、最近ではロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防(抗ロコモ)のサポート商品としても注目されている。そのなかでも血行促進効果の高い炭酸タイプは、切り札と目されており、健康志向を追い風に、新しい効能を獲得したことで、どこまで市場が活性化していくかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示21ブランド】
  • バスクリン (バスクリン)
  • バスクリンピュアスキン (バスクリン)
  • バスクリン薬湯 (バスクリン)
  • きき湯 (バスクリン)
  • きき湯FINE HEAT (バスクリン)
  • きき湯アロマリズム (バスクリン)
  • ソフレ (バスクリン)
  • 日本の名湯 (バスクリン)
  • バブ (花王)
  • バブメディケイティッド (花王)
  • エモリカ (花王)
  • ビオレu家族みんなのすべすべバスミルク (花王)
  • バスロマン (アース製薬)
  • バスロマンスキンケア (アース製薬)
  • ウルモア (アース製薬)
  • 湯めぐりシリーズ (アース製薬)
  • 旅の宿 (クラシエ)
  • クナイプ (クナイプジャパン)
  • バスキング (白元)
  • フェルゼア (資生堂薬品)
  • アトピタ (丹平製薬)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年3月29日~4月1日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,051サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.