保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2015.09)
シリアル(2015年9月版)
グラノーラが支えるシリアル市場


 2014年度のシリアル市場は、全体では対前年度比97.1%(金額ベース)とマイナス成長でしたが、グラノーラやブラン系は堅調に伸びています。

 今回は、当社が任意に選んだシリアルのブランド22商品について、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内広告接触、3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買って食べた」(3ヶ月以内購入)、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。


 今回のランキングでは、各項目ともグラノーラ、ブラン系のブランドが上位を占めた。上位を争っているのは、グラノーラ系シェアトップの「フルグラ(カルビー)」、「フルーツグラノラ(ケロッグ)」、「ごろっとグラノーラ(日清シスコ)」、ブラン系の「オールブラン(ケロッグ)」などである。とくに、「フルグラ」は、3ヶ月内購入、今後の購入意向、再購入意向の3項目でトップとなり、"今もっとも買われており、ユーザーのロイヤリティも高い"強いブランドといえるだろう。

 シリアル食品の老舗であるケロッグは、トップブランドの座こそ「フルグラ」に明け渡したが、今後の購入意向では、トップ10に6ブランドがランクイン、幅広い品ぞろえでユーザーにアピールしている。


 ごはん、パンに続く"第三の朝食"として定着た感のあるグラノーラだが、冷たい牛乳をかけて食べることが多いことから、需要のピークは夏である。しかし、今秋は「温かいスープに入れて」「ホットミルクをかけて」など冬場に対応した提案や商品が出されており、通年での需要拡大を期待する。さらに、トップブランド「フルグラ」を擁するカルビーは、ヨーグルトとのセット商品や、和朝食をイメージした商品なども発売する。メーカー各社の施策でもう一段の需要拡大が見込めるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。










【提示22ブランド】
  • オールブラン(ケロッグ)
  • 玄米フレーク(ケロッグ)
  • フルーツグラノラ(ケロッグ)
  • フロスティ(ケロッグ)
  • ココくん(ケロッグ)
  • プーさんのはちみつだいすき(ケロッグ)
  • コーンフレーク(ケロッグ)
  • 厳選素材フルーツグラノラ(ケロッグ)
  • ごろっとグラノーラ(日清シスコ)
  • シスコーン(日清シスコ)
  • フルグラ(カルビー)
  • マイ朝フレーク(カルビー)
  • ファンケル発芽米フレーク(ファンケル)
  • ネイチャーズバー有機グラノーラ
  • グラリッチ(味源)
  • クエーカーオートミール(クエーカーオーツ)
  • 日食オーツオートミール(日本食品製造)
  • ファミリアミューズリー(ファミリア)
  • カントリーファームミューズリー(カントリーファーム
  • セブンプレミアムのシリアル(セブン&アイ)
  • トップバリュのシリアル(イオン)
  • みなさまのお墨付きコーンフレーク(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2015年8月24日~28日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,025サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.