保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2014.07)
セブン&アイとイオン、消費税増税対応で収益力格差が鮮明に
~ 2015年2月期 第1四半期決算を読む ~
マネージャー 川口 健一



構成
  セブン&アイは最高益、イオンは大幅減益
  中核業態の差  CVSで稼ぐセブン&アイ、柱業態の収益性低下が懸念されるイオン
  PB展開の差  付加価値の高いセブンプレミアムの売上が低価格のトップバリュを抜く
  消費税増税のインパクトが収束する7月以降、注目されるオムニチャネル戦略の成否
本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
ご登録はこちらをご覧ください。

 消費税増税の駆け込みとその反動が直撃した3-5月における小売業の第1四半期の業績が発表された。注目すべきはセブン&アイとイオンの小売2強の業績の明暗である。


セブン&アイは最高益、イオンは大幅減益

 7月3日に発表されたセブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、売上高1兆4,721億円(前年同期比7.9%増)、営業利益775億円(同5.1%増)、経常利益773億円(同4.9%増)、当期利益395億円(同5.6%増)と増収増益であった。特に、営業利益、経常利益、四半期純利益はそれぞれ過去最高の数値を達成した。

 対して、7月4日に発表したイオンは、売上高1兆7,130億円(同17.2%増)、営業利益225億円(同35.3%減)、経常利益252億円(同34.0%減)、当期利益13億円(同90.1%減)と増収減益なった。

 売上高の伸び率でイオンがセブン&アイを大幅に上回ったが、過去最高益のセブン&アイに対し、イオンは大幅減収と明暗が分かれた。その要因はふたつあると考える。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.