日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.10)
カゴメとシャープ 異業種での共同販促



業種を超えた共同展開
 カゴメはシャープと組み、業界の垣根を越えた売り場での販促を展開する。互いに主力とする販売チャネルであるスーパーと家電量販店の店頭で、共通の販促ツールを相互の製品と一緒に陳列して実演を行い、商品はその場で実際に販売する。第一弾は、ジャスコ・品川シーサイド店とヨドバシカメラ・マルチメディア梅田で展開され、ジャスコ・品川シーサイド店の食品売り場で、シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」が数台売れている。
 東京、大阪の大規模店舗での展開を皮切りに、こうした売り場での販促を2008年内に延べ1,000回の実施を計画している。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.