保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2001.09)
ROLEX
-ロレックスにみるステータスブランドのツボ
戦略分析チーム 合田



 ロレックスの国内販売が好調だ。ロレックスは、デフレ経済下多くの商品の価格が破壊されている中で、高額にもかかわらず二桁増の成長を続けている。その成長の背景を探ってみたい。

1.ロレックスの好調さ

(1)国内市場シェア2割を握るロレックス

 まず、ロレックスの国内における実績を確認すると、年間販売数量は年間20~30万本で、このうち5割以上を並行輸入品が占めると言われる。国内売上高は正規ルート品だけで200億円あり、並行品を合わせるとおそらくその倍以上になると推定される。さらに小売ベースではその販売金額は約750~1,100億円程度と推定される。業界推定によれば2000年の日本の腕時計市場は5,300億円(小売ベース)と言われており、ロレックスの国内市場シェアは2割近くあるものと推定される(図1)。

図表1 国内腕時計市場規模とロレックスのシェア

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.