保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
拡がる食品のネット購入
拡がる食品のネット購入
イトーヨーカ堂やイオンといった大手組織小売業がネットスーパー事業に参入し、2008年からはアマゾンも食品の取り扱いを正式に開始しました。また、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのポータルサイトの傘下には「巨大な個人商店」が存在します。
そこで、 2009年5月弊社では、インターネットを通じた食品購入、とりわけ産地や製造元にこだわった食品購入ついての消費者調査を実施しました。

A4版 25頁 フルカラー 頒価39,800円(税込み)

  1. 構成
  2. イメージプレビュー


1.構成
■調査設計
1.食品購入チャネルとしてのインターネット
【1】2人に1人はネットで食品を購入
【2】巨大な個人商店-ポータルサイト-
【3】3割アップした購入頻度と購入金額

2.こだわりのネット購入食品
【1】ネットで食品をこだわり購入する人
【2】ふだん用のネット購入食品
【3】こだわり購入食品ランキング
【4】リピートされるこだわり食品
【5】今後ネットで買いたい食品
3.直近の購入プロセス
【1】気がつくと誘導されている購入者
【2】利用サイトと購入商品
【3】節約の訳あり品
【4】購入理由の3条件-24h・価格・情報-
【5】紐がゆるまるネット購入

4.ネット食品購入のターゲット
【1】ネット食品購入のリーダー
【2】リーダー層のネット食品購入

 
2.イメージプレビュー

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.