日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2012
浸透する嫌消費、拡大する潜在需要
消費社会白書2012
  「浸透する嫌消費、拡大する潜在需要」ご案内
全国有名書店・政府刊行物サービスセンターにてお取り扱い開始
■「消費社会白書2012」構成
 第1章 高まる消費の不透明感と変わる消費パターン
 第2章 価値意識の分裂と再構成
 第3章 拡がる節約意識と強まる衝動消費
 第4章 変わる性別役割、充実する家族行動
 第5章 台頭するコネクションメディア
 第6章 衝動的な買い物行動
 第7章 震災インパクト
●「消費社会白書2012」30のポイント
(本書の主要な結果を30のポイントに要約)
発行  2011年12月
版形  A4版 本文107頁 カラー印刷
定価  9,800円(本体9,334円+税)


ご購入はこちら


会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.