日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.07)
消費者調査 No.229
ビール系飲料(2016年7月版)
ヱビス、プレモル、注目のプレミアム市場のリーディング商品は?


 中元商戦が最盛期を迎えていますが、今期のビールギフトの計画はアサヒ102%、キリン120%、サントリー105%、サッポロ106%など、各社ともに強気の姿勢が目立ちます。

 今回の調査では、前回(2016年5月版)以上に「アサヒ スーパードライ(アサヒビール)」が圧倒的な強さをみせた。前回(2016年5月版)は、僅差とはいえ再購入意向で、「キリン パーフェクトフリー(キリンビール)」に首位を譲った「アサヒ スーパードライ」が、今回は全項目で首位を獲得した。

 2位以下は、多くの項目で、レギュラービールの「キリン 一番搾り(キリンビール)」と新ジャンルの「サントリー 金麦(サントリー)」に加え、プレミアムビールの「サントリー ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)」と「サッポロ ヱビスビール(サッポロビール)」が接戦を繰り広げている。ジャンルごとにみれば、レギュラービールでは「アサヒ スーパードライ」、新ジャンルでは「サントリー 金麦」のトップは揺らがないが、プレミアムビールでは「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」と「サッポロ ヱビスビール」の激しい首位争いとなっている。

 ビール類の市場において、プレミアムビールのシェアは上昇基調が続き、とくにギフト市場では、レギュラービールのシェアが約4割に対し、プレミアムビールのシェアは約6割とみられている(サントリー調べ)。大手各社は、「ビールへの注力」を方針に掲げており、中元商戦にあわせた広告の投下や、種々の詰合せなどさまざまな施策をとっている。プレミアムビールを軸にした夏の陣・前半がどのような結果となるのか、注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示37ブランド】
  • アサヒ スーパードライ
  • アサヒ ドライプレミアム
  • アサヒ ザ・ドリーム
  • アサヒ スタイルフリー
  • クリアアサヒ
  • アサヒ オフ
  • アサヒ ドライゼロ
  • キリン 一番搾り
  • キリン 一番搾り小麦のうまみ
  • キリン ラガービール
  • グランドキリン
  • キリン 淡麗グリーンラベル
  • キリン のどごし<生>
  • キリン 淡麗極上<生>
  • キリン パーフェクトフリー
  • キリンフリー
  • サントリー ザ・プレミアム・モルツ
  • サントリー ザ・モルツ
  • サントリー マスターズ ドリーム
  • サントリー 金麦
  • サントリー 金麦 糖質75% オフ
  • サントリー ジョッキ生
  • サントリー ラドラー
  • サントリー オールフリー
  • クラフトセレクト
  • サッポロ ヱビスビール
  • サッポロ 生ビール黒ラベル
  • サッポロ ホワイトベルグ
  • サッポロ 極ZERO
  • サッポロ 麦とホップ
  • サッポロ ドラフトワン
  • SAPPORO+(サッポロ プラス)
  • よなよなエール(ヤッホーブルーイング)
  • 水曜日のネコ(ヤッホーブルーイング)
  • 銀河高原ビール(銀河高原ビール)
  • セブンゴールド 金のビール(セブン&アイ)
  • トップバリュ ラガービール(イオン)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2016年6月13日~16日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,039サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.