日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



コンテンツアクセスランキング(2018年3月)
新着コンテンツでは「戦略ケース コーヒーチェーン」が首位!「消費者調査データ コーヒーチェーン」も上位に

2018年3月のアクセストップ20を紹介!何がヒットしているのか、話題になったコンテンツをここから探して是非ご覧ください。
※一部コンテンツは、有料または無料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には会員登録が必要です。ご登録はこちらをご覧ください。

2018年3月のアクセス トップ20!
1
マーケティングFAQ
どうすればブランド力を強化できるか
2
マーケティングFAQ
「需要の価格弾力性」とは
3
戦略ケース
コーヒーチェーン競争の行方 進む異業種とのボーダレス化
4
MNEXT
戦略的思考とは何でしょう? 定番コンテンツ
5
MNEXT 眼のつけどころ
「真実性以後」のネット社会の顧客説得とは?―ユニリーバのネットとの戦い
6
消費者調査データ
コーヒーチェーン(2018年3月版) スターバックス独走に陰りか?ドトールとサードウェーブの追撃
7
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
第93号 時短・省力ニーズで浸透する食品宅配サービス 潜在ユーザー獲得が今後の鍵
8
マーケティングFAQ
商品開発のプロセスと必要なリサーチ
9
戦略ケース
勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争
10
MNEXT 眼のつけどころ
10年で変わった日本人の性格-「様子うかがい」型から「着実無欲」型へ
11
マーケティングFAQ
価格設定の方法
12
戦略ケース
ポケモンビジネスの進化が止まらない―ロイヤリティを高めるファンづくり戦略
13
MNEXT 眼のつけどころ
ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇)
14
マーケティングFAQ
カテゴリーマネジメントとは
15
企画に使えるデータ・事実
成長市場を探せ クラフトビール
16
消費者調査データ
ファーストフードチェーン(2018年3月版) 「冬アイス」ブームも追い風か。好調ハーゲンダッツ
17
消費者調査データ
月例消費レポート 2018年3月号
消費は引き続き堅調な推移をみせている
18
戦略ケース
コスモス薬品 ―業態革新の波を起こし、東部戦線を拡大中
19
戦略ケース
なぜ食品スーパー「ヤオコー」は、27期連続増収を続けられるのか?
20
戦略ケース
費社会白書2018 顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費



おすすめ新着記事

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)

酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している。そのきっかけとなったのは、サントリーがスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」。ハイボールという飲み方提案を通じて、若者向けのアルコールとしての地位を確立したことが大きい。

戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略
戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略

日本食ブームなどで海外でも人気が高まっている日本の梅酒。その製造・販売のパイオニアがチョーヤ梅酒だ。同社は1959年に梅酒の販売を始めて以降、大手メーカーの参入や生活者の酒離れなど、幾度も苦境に立たされてきた。それでも2018年度の売上高は124億円、国内シェアトップの地位を築いている。中堅企業である同社は、どのように危機に立ち向かい、今日の成長を遂げたのか。

消費者調査データ エナジードリンク<br>「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか
消費者調査データ エナジードリンク
「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか

2019年のエナジードリンク市場は前年比116%と2桁の伸びだ。今回調査ではいずれのブランドも3ヶ月内購入は6%台で、ユーザー層は大きいとは言い難い。しかし再購入意向は高く、ユーザー層は活発だ。新商品も登場する中、再びブームは訪れるのか。






マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.