日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費 一覧
提言論文の全文は、メンバーシップサービスで公開しております。

この他にも豊富な企業事例や戦略分析など、実務に使えるコンテンツが満載です。
ぜひメンバーシップサービスへの入会をご検討ください。

提言論文 消費 コンテンツ一覧

昨年の今頃から消費をとりまく空気がガラッと入れ替わりました。どう変わったのか、なぜ変わったのかをはじめとして、大きく四つ、離陸する消費、価格志向から新しい贅沢、ユーザーのネットワーク、衝動買いについてご案内していきます。(2014.01.06)
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 消費者マインドが反転した。リーマンショックを契機に悪化し、震災を経て暗い見通しが支配していた空気が、昨年末から明らかに変化した。(2013.09.27)
オリジナルの消費者調査と、各種統計データの分析結果を踏まえて、「今の消費をどう読むのか」、「なぜ『Wミドル』という層に注目すべきなのか」、そして「Wミドルの消費の特徴について」と、大きく三つの構成にわけてお話をさせていただきます。(2013.07.02)
昨年の暮れまでの"暗い"空気から、一転して消費市場が明るさを増してきた。最初に消費拡大の空気をつくったのは、株高により資産残高が増加した資産家層、企業業績回復見通しをもった高収入層 (合わせてアッパー層) である。(2013.05.29)
No. タイトル 全文
(会員)
著者 掲載日
C-089 「消費社会白書2014 離陸する消費」よりNext Market HTML 大場美子 2013.12
C-088 消費税増税のインパクトと消費の行方 HTML 大場美子 2013.09
C-087 ネクスト戦略ワークショップ 消費を牽引する「Wミドル」―オリジナル調査結果- HTML 大場美子 2013.07
C-086 盛り上がる"新しい贅沢"消費 HTML 大場美子 2013.05
C-085 消費社会白書2013より 各章のコラムと抜粋 - 消費研究チーム 2012.12
C-084 みえない需要を掘り起こせ みえない需要を掘り起こせ
-消費社会白書2012より
HTML 大場美子 2012.02
C-083 価格訴求と五感刺激で衝動買い - 消費研究
チーム
2011.11
C-082 閉じこもる男性、飛びまわる女性 余暇の過ごし方は性差が明らかに - 消費研究
チーム
2011.11
C-081 独身一人暮らしの調理頻度は男女差なし、夫婦での家事分担は高まるきざし - 消費研究
チーム
2011.10
C-080 個人支出は「変わらない」が増加 有事の時こそふだんどおり - 消費研究
チーム
2011.10
C-079 2010年のヒット商品-「理有(リアル)ライフ」に役に立つヒット商品 - 大場美子 2010.12
C-078 爆発する「Twitter」人口 HTML 2010.08
C-077 消費社会白書2010 「ひらく世代格差、強まるスマート消費」より
新しい消費の現実・マーケティングへのインパクト
HTML 消費研究
チーム
2010.01
C-076 2009年のヒット商品
-「デフレ下のスマート消費
- 大場美子 2010.01
C-075 不況下のセールスキャンペーン
-「売れない」時代の「売れる」キャンペーン
- 消費研究
チーム
2009.10
C-074 消費低迷下の需要刺激のてがかり
-求められる信頼価値
- 大場美子 2009.05
C-073 消費社会白書2009より
消費をリードする新しいデモグラフィックスと行動
- 消費研究
チーム
2009.04
C-072 2008年のヒット商品 - 大場美子 2008.12
C-071 2009年の消費をどう読むか HTML 大場美子 2008.12
C-070 沈む消費、浮上する商品サービス - 消費研究
チーム
2008.10
C-069 新しい消費の現実 求められる信頼価値 HTML 消費研究
チーム
2008.09
C-068 40代女性の市場チャンス HTML 村田多恵子 2008.07
C-067 消費を変えるオンリーワン世代 HTML 大場美子 2008.07
C-066 2007年のヒット商品を斬る
ネットワーク理論から見えたヒット商品の成功のカギ
HTML 消費研究
チーム
2008.02
C-065 2007年のヒット商品 
消費者心理を読んだヒット商品
HTML 大場美子 2008.01
C-064 NEXT VISION2008より
消費リーダーと市場の攻め口
HTML 大場美子 2007.12
C-063 NEXT VISION2008より
2008年の消費をどう読むか
HTML 消費研究
チーム
2007.12
C-062 消費社会白書2008より
堅調な消費支出とその要因
HTML 消費研究
チーム
2007.11
C-061 消費社会白書2008より
変わる格差の許容認識
HTML 消費研究
チーム
2007.11
C-060 2008年の市場を捉える30のポイント HTML 消費研究
チーム
2007.11
C-059 納豆騒動 九つの事実 HTML 消費研究
チーム
2007.01
C-058 2006年消費社会白書2007より  
変わる携帯端末ニーズと市場競争の多元化
HTML 消費研究
チーム
2007.01
C-057 2006年ヒット商品 
「趣味型消費」が生んだ2006年ヒット商品
HTML 大場美子 2006.12
C-056 NEXT VISION2007より
進む生活の階層化、消費を牽引する成熟
HTML 大場美子
2006.12
C-055 消費社会白書2007より  
変わる価値観
HTML 消費研究
チーム
2006.12
C-054 消費社会白書2007より  
「消費社会白書2007」に寄せて
HTML 客員研究員
吉野太喜
2006.12
C-053 「団塊の世代」の五つの特徴 HTML 消費研究
チーム
2006.06
C-052 消費社会白書2006より  
世代の定義と特徴
HTML 消費研究
チーム
2006.05
C-051 消費社会白書2006より  
趣味化消費行動の広がり
HTML 消費研究
チーム
2006.04
C-050 消費社会白書2006より  
裾野の広がりを見せる生活の趣味化
HTML 消費研究
チーム
2006.04
C-049 消費社会白書2006より  
認識の文化的差異
HTML 消費研究
チーム
2006.03
C-048 消費社会白書2006より  
個人主義のあり方の変化-すすむ「私化」
HTML 消費研究
チーム
2006.03
C-047 消費社会白書2006より  
消費意識の世代格差
HTML 消費研究
チーム
2006.03
C-046 消費社会白書2006より  
消費リーダーのセグメント
HTML 消費研究
チーム
2006.03
C-045 消費社会白書2006より  
許容生活レベルの世代差
HTML 消費研究
チーム
2006.02
C-044 消費社会白書2006より  
コラム ゆとりの中流生活を志向するニート
HTML 消費研究
チーム
2006.02
C-043 消費社会白書2006より  
コラム 勝ち組・負け組意識
HTML 消費研究
チーム
2006.01
C-042 NEXT VISION 2006 より
NEXT MARKET PLACE 2006
HTML 大場美子
2005.12
C-041 2005年ヒット商品 
格差化と世代交代が育てる差別化ヒット商品
HTML 大場美子 2005.12
C-040 趣都 アキハバラ HTML 森川嘉一郎氏 2005.11
C-039 動き出した選択消費 HTML 消費研究チーム 2005.11
C-038 オタクが斬る!
VAIO TypeXを斬る  <見たい番組を過去から探せる「タイムマシン機能」搭載、VAIO Type X >本当の訴求ポイントは、別のところにある!
HTML 消費研究チーム 2005.08
C-037 オタクが斬る!
Tivoを斬る 全米で300万世帯が加入したサービス<、TiVo>が日本に上陸する
HTML 消費研究チーム 2005.08
C-036 オタクが斬る!
5人のオタク、あらわる
HTML 消費研究チーム 2005.08
C-035 「NANA-ナナ-」にみる時代の共感メッセージ HTML 消費研究チーム 2005.05
C-034 携帯音楽プレーヤ、残るのはどれだ? HTML 消費研究チーム 2005.04
C-033 AVライフの中心端末はPCかテレビか HTML 消費研究チーム 2005.03
C-032 能動態の消費者 -情報世代の台頭 HTML 赤根光幸 2005.02
C-031 NEXT VISION 2005 より
みえないニーズを捉える方法
HTML Richard F. May 2005.01
C-030 オタク的消費者の経済学 -手強いオタク HTML 赤根光幸 2005.01
C-029 リスクに対する態度は人によってどう違うのか!? HTML 消費研究
チーム
2005.01
C-028 NEXT VISION 2005 より
NEXT MARKET PLACE 2005
HTML 大場美子 2004.12
C-027 2004年のヒット商品 HTML 大場美子 2004.12
C-026 「オタク」化する消費 HTML 大場美子 2004.12
C-025 2004年上半期のヒット商品 HTML 大場美子 2004.07
C-024 消費回復のカギは消費者マインドの刺激にあり HTML 大場美子 2004.07
C-023 かわいいマンバ - ガングロII・2004 HTML 消費研究
チーム
2004.06
C-022 消費回復は本物か?-回復マインドのドミノ倒しが始まった! HTML 大場美子 2004.05
C-021 『消費社会白書2004 すすむ消費、かわる消費』より
   「M」型市場への「W型アプローチ」
HTML 大場美子 2004.01
C-020 2003年のヒット商品
   「ハイクラス」志向と「スローライフ」志向が牽引するヒット商品
HTML 大場美子 2003.12
C-019 消費指標にみるこの10年 HTML 大場美子 2003.02
C-018 2002年のヒット商品
ハイリスク社会への転換がもたらすヒット商品
HTML 大場美子 2002.12
C-017 インターネットと購買行動
ブロードバンド化で購買行動はどう変わるのか-化粧品の事例より
HTML 村田多恵子 2002.11
C-016 都市型ライフスタイルの潮流
-市場転換
HTML 大場美子 2002.11
C-015 世界の消費リーダー 
グローバル調査10ヶ国比較より
HTML 大場美子 2002.01
C-014 2001年のヒット商品 不況の空気をうち破る4つの潮流 HTML 大場美子 2002.01
C-013 2000年のヒット商品 
消費の「延期化」を解除する鍵は何か
HTML 大場美子 2000.12
C-012 消費低迷の謎を解く 
日本型ダウンシフト消費
HTML 大場美子 2000.12
C-011 ネット時代の消費リーダーがみえてきた
ビットバレーで踊る人々 ~神なき情熱~
HTML 消費研究
チーム
2000.06
C-010 ネット時代の消費リーダーがみえてきた 
ネット化する主婦たち
HTML 消費研究
チーム
2000.06
C-009 ネット経済下のブランド・ブリード・システム HTML 山本一作枝 2000.02
C-008 消費延期化を解除する鍵
-90年代消費の分析
HTML 大場美子 2000.01
C-007 '99年ヒット商品-不安防衛消費 HTML 大場美子 2000.01
C-006 ガングロが行く HTML 消費研究
チーム
1999.11
C-005 世紀末消費の心理分析 HTML 合田英了 1999.11
C-004 多様な格差社会への転換
 市場を捉える九つの階層セグメント
HTML 消費研究
チーム
1999.09
C-003 渋り時代の景気回復のシナリオ HTML 山本一作枝 1999.01
C-002 「信頼」形成, 情報ネットワーク HTML ネットワーク
研究チーム
1997.04
C-001 家族のゆくえ HTML 大場美子 1996.08

成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.