保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ネット評判記 
No.44 テレビ需要のシフト-ブラウン管型からフラット型へ転換
 テレビの薄型化と大型化が進んでいる。1年前は100万円もした42インチのプラズマディスプレイが店頭で50万円を切っている。
 今年の5月、6月はワールドカップで日本中が熱狂の渦に包まれたが、パブリックビューといわれる大画面をみんなで囲んで盛り上がる、という光景が目に付いた。みんなで見て盛り上がる、というニーズが生まれつつあるのではないだろうか。
 今回のネット評判記では今後買い換えが進むと思われるテレビについて、どんなテレビが求められているのかを調べるために当社ネットモニターを対象に調査した。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2002年7月25日~26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:629サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.