保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ネット評判記 
No.82 変わるテレビライフ、進むストック型視聴
消費経済レビュー Vol.3」より 
 テレビ番組を録画して再生視聴するストック型の視聴スタイルが、放送時間にみているオンタイム視聴スタイルを凌駕しようとしている。
 当社ネットモニターに、普段のテレビ番組の見方について調査した。その結果を紹介すると、録画再生をふだんまったくせずに放送時間帯にそのまま視聴するオンタイムオンリー視聴者は38%、録画再生視聴しているのは62%と、ストック型の番組視聴スタイルを取り入れている人が多数派であることがわかった。

(2005.3)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2005年2月
調査対象者:当社インターネットモニター
        20~59歳 全国の男女
有効回収サンプル数:1,080サンプル

サンプル構成(%)



 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
PDFのダウンロードは、下記をクリックして購入画面にお進みください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.