日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ネット評判記 
No.16 キムタクは消費回復の「HERO」となったか?-人気テレビドラマの誘惑
 木村拓哉、松たか子主演のフジテレビ系人気ドラマ「HERO」(月曜午後9時)が初回から最終回まで全11回視聴率30%以上というドラマ史上初の記録を達成した。19日放送の最終回も36.8%の高視聴率(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録した。今回のネット評判記では2001年1月から放映された主な連続テレビドラマ11番組について、テレビドラマが消費に与える影響についてネットモニターを対象に調査した。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2001年3月16日
調査対象者:当社インターネットモニター 15~59歳 男女個人
調査対象サンプル数:313サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.