保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ネット評判記 
No.14 好調ユニクロの意外な落とし穴-トレンドリーダーのユニクロ離れ
 2000年はユニクロに代表されるSPA業態(製造小売業:Specialty store retailer of Private label Apparel;自社企画ブランドの主に衣料専門店)が好調であった。今後もこの人気は続くのか、ネットモニターを対象に調査した。代表的なSPA6ブランド(ユニクロ、無印良品、GAP、フランフラン、ユナイテッドアローズ)について、それぞれ知っているか(認知率)、店に行ったことがあるか(来店経験)、実際に買ったことがあるか(購入経験)、最近3ヶ月以内に買ったか(最近3ヶ月以内購入経験)、また買いたいと思うか(今後の購入意向)、そのブランドが好きかについて調査した。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2001年1月18日
調査対象者:当社インターネットモニター 18~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:240サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.