日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ネット評判記 No.98
キリン メッツ コーラのヒットは「本物」か
 
 4月24日に、「あしたのジョー」のCMの強いインパクトと共に発売されたトクホ(特定保健用食品)初のコーラ「キリン メッツ コーラ」は、年間販売目標100万ケースに対して発売後2日間で50万ケースを出荷、約3週間で100万ケースを超えるなど、好調な売れ行きを示して注目を集めている。
 今回は、「キリン メッツ コーラ」のヒットを支えたユーザー層と好調の要因、今後の定着の可能性をみていく。

図表1.コーラの選好

図表2.コーラの飲用頻度
 今回の調査結果から、コーラの選好と飲用頻度をみると(図表1、2)、コーラの選好では、
  • 「好き」計(「非常に好き」+「まあ好き」)では、40代が62.2%で最も高いが、
  • トップボックスの「非常に好き」は、20代の21.6(全体+6.6ポイント)、30代の22.3%(同+7.3ポイント)が高い
 頻度でみると、
  • (性別)全体の飲用は6割、男性の方が飲用率が高い
  • (選好)コーラ好きな人の半数が週1本以上飲む
  • (年代)年代の上昇とともにコーラの飲用頻度は低下する傾向がある
コーラの中心的ユーザーは30代以下の、性別では男性が多いことがうかがえる。

図表3.主要なコーラ10点の浸透状況
 次に「キリン メッツ コーラ」の浸透状況をみる(図表3)。
 現在国内で販売されている主要なコーラ飲料10点の浸透状況をみると
  • 認知度       27.2% 7位
  • 3ヶ月以内購入率   5.9% 4位
  • 今後の購入意向    7.0% 7位
「キリン メッツ コーラ」は、発売から調査時点まで1ヶ月強程度ということもあり、必ずしも浸透状況は高くない。


(2012.06)


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

【提示10ブランド】
  • コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)
  • コカ・コーラ ゼロ(日本コカ・コーラ)
  • コカ・コーラ ゼロフリー(日本コカ・コーラ)
  • ペプシコーラ(サントリーフーズ)
  • ペプシネックス(サントリーフーズ)
  • ダイエットペプシ(サントリーフーズ)
  • ペプシツイスト(サントリーフーズ)
  • ペプシエクストラ(サントリーフーズ)
  • キリンコーラ(キリンビバレッジ)
  • キリン メッツコーラ(キリンビバレッジ)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年6月11日~15日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,058サンプル
サンプル構成(%)







会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.