日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

No.56 ビール・発泡酒・チューハイ
      -低アルコール市場を巡るアサヒとキリンの熾烈な戦い
【概要】
 酒販免許の規制緩和が進み、身近なスーパー、コンビニでも手軽にアルコール飲料が購入できるようになってきた。今回はビール、チューハイを始めとした低アルコール飲料について主要ブランドの支持層や今後の可能性について、当社のモニターへのネット調査から探ってみた。
 なお本コンテンツは、ランキング情報 「低アルコール飲料-ビール・発泡酒定番ブランドに迫る『キリンチューハイ 氷結』」の分析編になります。ぜひランキング情報と合わせてお読みください。


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年3月14日~15日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:671サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)



 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


当コンテンツは弊社のインターネットモニターへの調査より作成されています。
高スピードで大量サンプルの回収が可能な弊社のインターネットリサーチサービス。詳しくはこちらから。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.