保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ネット評判記 
No.74 カップめん
1.ユーザー広がる日本の国民食-女性の食機会増加
【概要】
 1970年代初めの、世界初のカップめん「カップヌードル」発売より約30年になります。いまや日本の国民食となった「カップめん」ですが、現在もその生産量は増加し続けています。市場が拡大基調にあり、カップめんメーカーの競争は大変激しく、1年間に数百種類の新製品が投入されても、生き残るのはわずか数種類と言われています。ボリュームの「スーパーカップ」、生麺の「ラ王」といった先行事例に続き、昨年度より「具多」が引き金となった"高級カップめん"や"ご当地もの・名店もの"が注目を集めています。
 今回のネット評判記では、当社ネットモニターを対象に調査を行い、カップめんの食生活への浸透具合やその変化、そしてその背景にある価格や利用チャネルとの関係について探りました。第1回目の今回は、カップめんの食実態についてです。
 なお、本コンテンツは、ランキング情報「No.33 カップめん-日清ブランド強し!新しい定番ブランド 具多[GooTa]」の分析編になります。ぜひランキング情報と合わせてお読みください。

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2004年3月25日~26日
調査対象者:当社インターネットモニター 15~59歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,000サンプル


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.