日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ネット評判記 
No.41 ブロードバンド時代の注目アクセス「ホットスポット」-認知率はすでに52%
 駅や空港、ホテルロビー、コンビニエンスストア、ファストフード店といった不特定多数の人が集まる場所で無線LANによるブロードバンドでのインターネット接続が利用できる「ホットスポット」サービスが今年2月から開始された。これにより外出先でも自宅や会社とシームレスにブロードバンド環境でネットに接続できるようになる。
 今回のネット評判記ではホットスポットはどの程度関心をもたれているのか、実際どの程度利用されているのか、について当社モニターを対象に調査した。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2002年6月10日~11日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 首都圏在住男女個人
有効回収サンプル数:689サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.