保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「食」のマンスリー・ニュースレター 第77号
ナチュラル野菜はどこまで広がるのか



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第77号は、
  1. オリジナル調査結果 ナチュラル野菜はどこまで広がるのか
  2. 業界クリップ - 2016年7-8月の動向
の2部構成でお届けします。


1.ナチュラル野菜の3ヶ月内購入者は2割。トマトの人気が高い(本文抜粋)
レポートイメージ

 2016年6月、ライフコーポレーションが有機(オーガニック)を中心とした新業態「ビオラル」を開業、イオンも12月にオーガニックスーパーマーケット「ビオセボン」の出店を予定するなど、注目が集まっている自然栽培、有機栽培、無農薬栽培、減農薬栽培、無化学肥料栽培の五つの方法で作られる野菜(以下、ナチュラル野菜とする)について調査を行った。
 まず、ナチュラル野菜に関心がある人は全体で43.1%だった。3ヶ月以内に野菜一般を購入している人は65.7%で、同じくナチュラル野菜を購入している人は22.8%だった。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. ナチュラル野菜の3ヶ月内購入者は2割。トマトの人気が高い
  2. ナチュラル野菜の購入場所は、一般野菜と同じく大型総合スーパー
  3. 価格が高くても購入したいと考える人は約4割
  4. 今後、ナチュラル野菜の購入可能性があるのは女性50代

* 業界クリップ 2016年7-8月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【VR/ARによる行動の変化】
  2. 売れている食品・メニュー  【猛暑関連の商品が人気】
  3. 東京市場          【都内にユニークなかき氷メニューが登場】
  4. 地産地消          【地域の店舗スタッフや学生の戦力化】
  5. 食品企業の経営       【4~6月期の業績】
  6. 製品開発          【うなぎの代替品の提案相次ぐ】
  7. 価格政策          【際立った低価格メニューの登場】
  8. プロモーション       【「山の日」における販促】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【自販機の新しい価値を探る取組】
  10. ヘッドラインクリップ    2016年7-8月の動向


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.